転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

説得力のある志望理由の組み立て方

志望理由があいまいになる原因は“フットワークのなさ”

志望企業とのリアルな接点から、説得力のある志望理由が見える

「御社の経営理念に共感しました」「将来性にひかれました」「前職の経験が生かせると思いました」。このような志望理由を伝えたことはありませんか? 私が採用の顧問を務めた某企業の採用担当者は、これらを「評価を大きく下げる、あいまいな志望理由ワースト3」として挙げています。

同じ内容の志望理由を他社でも同じように言っている、安直な応募者と思われてしまうからです。インターネットで会社概要を読んだだけで言えるような表面的な内容であり、他社との差別化ができていないのです。

あいまいな志望理由になってしまう最大の原因は、志望企業とのリアルな接点を作っていないからです。フットワークを使った企業研究をしていないのです。この点を改善すると、志望理由の内容は一変します。

志望理由を明確にする上で大切なことは、「ヘッドワーク型企業研究」と「フットワーク型企業研究」の二つになります。

「ヘッドワーク型企業研究」とは、志望企業の経営理念、事業内容、経営計画、資本金、売上高、現在の主力商品、過去のヒット商品、株価、社名の変遷、経営者の発言などを、インターネットや新聞を活用して調べることです。これにより、志望企業の基本的な事柄を押さえることができます。

一方「フットワーク型企業研究」は、例えば志望企業の商品・サービスを利用したり、パンフレットやチラシを収集したり、店舗見学をするなどして同業他社との比較をすることです。

志望企業が開催するキャンペーンやイベント、工場見学会などに参加したり、店舗見学に行ったりして、社員に(礼儀正しく)話しかけ、仕事内容について聞き、その中から自分がどんな仕事でどのように貢献できるかを確認するのです。いずれにしても足を使って行動し、志望企業とのリアルな接点を作ることが重要です。

これらを行うと、志望企業ならではの固有名詞(商品名、サービス名、社員名、店舗名など)や、貢献できる具体的な仕事内容で志望理由を構成できるようになります。「なぜ同業他社ではなく、その会社なのか」も明確に述べることができ、説得力が極めて高くなるのです。

なお「フットワーク型企業研究」のメリットは、志望理由に説得力を持たせられることだけではありません。応募企業が自分にとって理想の職場かどうかを確認できるというメリットもあります。やはり、自分が幸せに働ける企業であってこそ、真の転職成功と言えます。頭と足を使い、企業と自分の双方のベストマッチングを実現させてください。

今あなたに必要なのは、志望企業をより深く研究すること

就転職・キャリアコンサルタント

坂本直文●さかもと・なおふみ

キャリアデザイン研究所代表。劇的就職塾主宰。大学講師。全国各地の大学にて年間200回以上講義。著書多数。近著に『就活ノート術』(日本実業出版社)、『人生のエントリーシート』(PHP研究所)。


今回の知恵が実際に生かせるテクニックをご紹介

次ページでは、“不採用になる志望理由”の典型例を紹介すると共に、「ヘッドワーク」と「フットワーク」を使った企業研究のやり方を詳しく紹介します。


併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド