転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

社会人が意外と見落としがちな基本的ミス

自分では気づきにくい転職活動での基本的なミス

「自分はできているはずだ」。その自負が思わぬ失敗を招く

社会経験のある人の採用基準は、新卒学生よりもはるかに高いものです。ですから基本的なことができていない社会人の評価は、著しく下がることになります。実は転職者が不採用になる原因には、このような「基本的なミス」が多いのです。

社会人経験を重ねるうちに意識が甘くなりがちなのが、靴、スーツ、髪などの身だしなみです。「普段のビジネスシーンで通用しているからOK」ではなく、対応する相手を尊重していることが服装から伝わるような、TPOを考慮した服装を心がけることが大切です。また、一流のスポーツ選手やシェフが仕事の道具にこだわりを持ち大切に扱うように、あなたもビジネスで使用するペンや手帳、ノート、バッグ、時計などのツールに気を配っているでしょうか。転職活動用のノートを用意して、志望企業の資本金や売上高、主力商品、社長の氏名、株価などの基礎的情報はきっちり押さえていても、適当なノートに乱雑にメモしているようでは心証を損ないかねません。

例えば、あるベテラン採用担当者の面接手法では、「今後の採用試験のスケジュール調整をしますので、手帳を出して頂けますか」と言うそうです。主目的は自己管理能力がある人かどうかの確認で、応募者の手帳の書き方を目ざとくチェックします。手帳の形態は気にしませんが、綿密かつ合理的なスケジュール管理をしていて有能なビジネスパーソンの適性を大いに感じる人もいる半面、乱雑で適当な書き方から、そもそもスケジュール管理の重要性を分かっていない、ダメな社員になりそうと懸念される人も少なくないそうです。

社会人経験の自負は何げない行動・言動に表れます。これが失敗を招いているケースも多々見受けられます。最も気をつけるべきは、若手社員に対してつい無愛想な態度や偉そうな言葉遣いをしてしまいがちなことです。

例えば面接を受けに行った際、受け付けを事務的に無愛想に通りすぎていませんか。受け付けに人事部の社員を配置し、挨拶(あいさつ)・マナーの評価をしている企業もあります。たとえ年齢の若い受付係であっても、アイコンタクトと笑顔を欠かさず挨拶し、マナー良く接することが大切です。

面接官が年下の場合、普段部下と接する時のような話し方をしてしまうと危険です。つい日頃の癖が出てしまいがちなので細心の注意を払いましょう。初期段階の面接試験では、若手社員が面接官を務めることも実際に多いですから、目下の面接官にも目上に接するような礼儀正しい態度・言葉遣いを心掛けることです。

初歩的なことばかりですが、採用・不採用を分けるとても重要なポイントです。今一度、省みてください。

自分の態度・言葉遣いを今一度、省みよう

就転職・キャリアコンサルタント

坂本直文●さかもと・なおふみ

キャリアデザイン研究所代表。劇的就職塾主宰。大学講師。全国各地の大学にて年間200回以上講義。著書多数。近著に『就活ノート術』(日本実業出版社)、『人生のエントリーシート』(PHP研究所)。


今回の知恵が実際に生かせるテクニックをご紹介

次ページでは「転職活動の基本的ミス」チェックリストを掲載。自分では気づけないポイントなので、ぜひ確認してみてください。


併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド