転職ノウハウ

応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介!

転職活動に踏み出せない不安を解消する

求人情報は見ているけれど次の一歩を踏み出せない

ポジティブになるコツをつかみ、成長のチャンスをものにしよう

「転職したい」といつも言っているのに、具体的な行動は何もしていない。あなた自身や周囲に、このような人が結構いるのではないでしょうか。転職したい気持ちは潜在的に強くても、転職に対する漠然とした不安が大きくて一歩も踏み出せないでいるようです。中には何年も「求人情報を見ているだけ」という人も珍しくありません。

具体的に動き出せない原因は、応募しても落とされるかもしれないという「恐怖心」、今の勤務先よりも雇用条件や人間関係が悪くなるかもしれないという「不安」、努力しても無駄ではないかという「諦(あきら)め」などが多いようです。

転職したいのに、いま一つ行動に移せないなら、こういったネガティブな感情がないか考えてみましょう。このような不安を抱えたままでは、いつまでも現状維持で終わってしまう可能性が高くなります。まずは、転職活動を前向きにとらえることが重要です。

そこで、転職活動を前向きにとらえる方法を三つ紹介します。1.内定を得ることではなく、自分に合う企業を探すことを第一目的とする。2.面接官は自分の味方と思う。3.転職活動を通して成長した点を記録しておく。

多くの転職希望者は、内定を得ることを第一目的にしています。だから、選考に落ちることに恐怖を感じるし、実際に落ちると大きなショックを受けるのです。転職の本来の目的は「今の勤務先よりももっと自分に合った企業に移ること」。自分に合わない企業は、むしろ落ちたほうが良いと割り切れば、必要以上に恐れなくなります。

また、面接官を「言い負かさねばならない敵」のような存在に感じて恐怖感を持つ人もいますが、これも大きな誤解です。面接官はあなたがその企業に合っているか、活躍できるかを合理的に判断、助言してくれる味方なのです。恐れる必要も緊張する必要もありません。適切な判断をしてもらえるよう心を開いて接することが大切です。

そして転職の面接を受ける度に、自分が成長したと感じることをノートなどにメモしておきましょう。視野が広がり、考えも深まっていることがわかるはずですから、メモが増えるに従って面接を受けること自体に大きな意義、喜びを感じられるようになります。

なお、転職活動を通して、今の勤務先や仕事の良さに改めて気づくこともよくあります。マンネリを感じていた仕事にモチベーションを取り戻せたというケースも珍しくありません。

結果的に転職をしないことを選ぶかもしれませんが、いずれにせよあなたにとってプラスになることは間違いありません。見ているだけで何もしないのは、自分の進歩・成長のチャンスを逃してしまっていることにもなります。ぜひ一歩を踏み出してください。

転職活動を前向きにとらえる三つの方法

就転職・キャリアコンサルタント

坂本直文●さかもと・なおふみ

キャリアデザイン研究所代表。劇的就職塾主宰。大学講師。全国各地の大学にて年間200回以上講義。著書多数。近著に『就活ノート術』(日本実業出版社)、『人生のエントリーシート』(PHP研究所)。


今回の知恵が実際に生かせるテクニックをご紹介

次ページでは、転職活動に踏み切れない原因別に、不安解消策のポイントをチェックしてみましょう。


併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド