あなたの転職を支援する転職サイト「マイナビ転職」豊富な求人情報と転職情報・転職支援サービスで転職をサポート

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)ってどんな資格?

Excel、Word、PowerPointなど、Microsoft Officeの実践的なスキルを証明する資格です。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは世界中のオフィスで導入されているMicrosoft Officeを、どれだけ使いこなせるか客観的に証明する資格です。取得することによって業務で生かせる実践的なスキルが身に付くため、事務系の職種に限らず多くの企業で社員教育の一つとして導入されています。

Microsoft Officeを扱うスキルは多くの場合独学で学びがち。しかし、独学では十分に使いこなせていない場合もあり、業務効率に影響が出ることもあります。初めてPCスキルを必要とする職種にチャレンジする方はもちろんのこと、今までにMicrosoft Officeを仕事で使用してきた方でも、スキルを客観的に証明できるMOSは、転職する際の心強いアピール材料の一つとなるはずです。

ビジネスの現場で実際に使用されるExcelの関数の問題にチャレンジ!

幅広いビジネスの現場で必要とされているMicrosoft Officeのスキル。あなたのスキルは本当に十分ですか?
下記の問題で、あなたのスキルをチェックしてみましょう。

Question:
Question:表

右図の表で、A列で名前が重複しているかどうかをチェックし、重複データがあった場合には「重複」と表示させたい。セルD2に入力する数式として、次の中から正しいものを1つ選びなさい。

1. =IF(COUNT(A:A,A2)>2,"重複","")
2. =IF(COUNT(A:A,A2)>=2,"重複","")
3. =IF(COUNTIF(A:A,A2)>2,"重複","")
4. =IF(COUNTIF(A:A,A2)>=2,"重複","")

※正解はページ下部に掲載

MOSの取得によってMicrosoft Officeを使いこなす実践的なスキルが身に付きます。すでに業務で使用してきた方にとっても、
MOSの取得は可能な業務の幅を広げ、キャリアアップの手助けになるでしょう。

「私たち、MOSで理想の転職を叶えました!」体験談

空白の履歴書が埋まり、自信を持って転職活動ができました

体力勝負の業界から、将来的に長く勤められる事務職で働きたいと考え転職活動を始めましたが、事務の経験はなくパソコンは初心者でした。事務職に必要とされる能力をまずは習得しようとMOS取得を決意し、無事合格。履歴書の資格欄に「MOS」を書くことができ、その結果、念願の事務職で内定をいただくことができました。

静岡県 26歳 女性

“スキルはあっても、有資格者のほうが有利”という現実を痛感

仕事の書類選考で、有資格者は通って、私はスキルに自信があったにも関わらず落ちたことがありました。その悔しさからMOS取得を決意し、約7ヵ月後に合格。今は化粧品会社で、ExcelやOutlookを駆使してあらゆる業務の効率アップに貢献しています。さらなるスキルアップを目指して勉強意欲も高まっています。

大阪府 42歳 女性

オデッセイ コミュニケーションズMOS公式サイト「合格者の声」より
http://mos.odyssey-com.co.jp/voice/job.html

MOS、またはMicrosoft Officeスキルを生かせる事務系職種の求人を探す MOSをもっと知りたい場合はマイクロソフトラーニングポータルサイトへ
問題の答えと解説
答え:4

重複データの有無は、検索条件に合うセルが範囲内に何個あるかを数えられるCOUNTIF関数を使ってチェックします。「2個以上」なら重複ありと判定するため「COUNTIF(A:A,A2)>=2」という数式となります。IF関数と組み合わせて使うと、どこに重複データがあるかひと目で分かるようにできます。