マイナビ転職

Broad Horizon
Sky株式会社でのエンジニアの活躍

Theme16

Sky株式会社の未来を担う
自社パッケージ商品開発の舞台裏。
新たな業界トップクラスの商品を
生み出すために!

2020.2.28
profile
ICTソリューション事業部
副事業部長
K.I
ICTソリューション事業部
開発部 開発課 主任技師補
K.M
マイナビエージェント
キャリアアドバイザー
A.S

時代のニーズに合った新たな商品が生み出されていく
「ALL Sky」という社風に迫る

Qその時代ニーズに合わせた自社パッケージ商品を生み出し続けるSky株式会社。その開発力の源は、どういったところにあると思われますか?

K.Iさん:長年ICTソリューション事業部で、自社パッケージ商品開発に関わってきましたが、『SKYMENUシリーズ』に始まり、『SKYSEA Client View』の開発・バージョンアップを進めていく過程で自社内に様々なノウハウが蓄積され、開発メンバーも着実に成長してきました。実際に、『SKYDIV Desktop Client』の開発の時には、これまでのデータ・ノウハウがあり、社内の情報共有ができていたことで、最初から非常に洗練された商品を生み出すことができました。おかげで、お客様からの商品への評価も高く、開発に関わった全員が手応えを感じています。

K.Mさん:私は、様々な意見やアイデアを発信しやすいことが、モチベーションアップにつながり、「もっと良いものにできないか」というチャレンジ意欲を生み出してくれると思っています。そのような環境があることがSky株式会社の開発力の源だと感じます。K.Iさんが話されたように、情報共有が常日頃からできていることも大きな理由だと思います。例えば、日報の内容に対して、上長やメンバーがアドバイスをくれたり、新しい技術情報を教えてくれたりといったことが自然にあります。私自身、周りにアウトプットをしているつもりはなかったのですが、社員一人ひとりが積極的に関わり、一体感を持って知識やノウハウを開発に結集できるのは、強みだと実感しますね。

Qお二人が話された、社員間の情報共有が活発で、社員同士が一体となれる雰囲気は、どのように生み出されているのでしょうか?

K.Iさん:「お客様に便利なものを」「お客様に喜んでいただくために」という、会社設立から変わらない想いが浸透しているからではないかと私は思います。社内でも頻繁に、「お客様に迷惑をかけたくない」という言葉が聞こえてきます。仕事を楽しんでいる社員が多いというのも、私の印象です。絶対にお客様が喜ぶ商品を提供するという、強いものづくりスピリットにもつながっているのではないかと思います。

K.Mさん:「会社がつくりたいものではなく、お客様が使いたいものをつくる」という意識も、社員全員が共通して持っていますよね。先程も話しましたが、当社では、横のつながりだけでなく縦のつながりも強いので、技術やノウハウだけでなく、想いも共有できるのは、より良い商品づくりの原点になっていると感じます。「みんなと同じ意識、目線で良いものをつくろう」というように、社員が一体感を持って働けていることから、エンジニアとして色んなプラス効果を得られていますね。そうしたお客様第一の意識が浸透していることが、社員同士が一体となる雰囲気をつくっていると感じます。

『SKYDIV Desktop Client』を
業界トップシェアの商品へ!

Q『SKYDIV Desktop Client』のこれからについて、どのような動きを予定されていますか?

K.Iさん:『SKYDIV Desktop Client』は、2018年に発売を開始し年々バージョンアップを続けておりますが、2020年からは学校・自治体向けから、企業向けへと市場を広げていく予定です。そして、新たに『SKYSEA Client View』との連携性を高めることに取り組んでいく計画もあります。『SKYDIV Desktop Client』は、インフラのソフトウェアとして、『SKYSEA Client View』はセキュリティのソフトウェアとして、2つを複合して使用していただくことで、よりセキュアな中で在宅勤務や社外からのアクセスにも安全・安心な環境を構築し、お客様のIT化、仮想化の実現に貢献できるようになります。

Q2020年に開催される大規模イベントなどに向けて、在宅勤務やリモートワークなどの働き方改革は今後重要になってきますね。技術的にはどう発展しそうでしょうか?また商品として今後どう進化しますか?

K.Mさん:技術的な進化の面では、『SKYDIV Desktop Client』をiPad対応にするための開発を既に進めていますし、次のステージでは、Linuxサーバへの対応にも取り組んでいきます。現在は、言語としてメモリー管理をしやすいVC++をメインとしていますが、今後はMac環境などにも対応するために、新しい言語も取り入れてくことになります。私個人としても、Androidで使用するC#やPHPはこれから理解を深めていきたい言語です。そのため「Skyなう」(社内SNS)や社内ブログを活用して、情報収集をしながら開発を進めているところです。

K.Iさん:『SKYDIV Desktop Client』を、業界トップシェアのパッケージ商品に育てていき、最終的には、『SKYSEA Client View』と合わせて、2本の柱となるソフトウェアにしていきたいというのが、私たちの想いです。

自社パッケージ商品開発を通して、
会社も人も成長していく

Q自社パッケージ商品開発に携わることで、得られるやりがいや、エンジニアにとってプラスになることはどのようなことでしょうか?

K.Mさん:当社で自社パッケージ商品の開発に携わるようになって、大きく変わったと思うのは、開発者目線ではなく、よりユーザー目線での開発ができるようになったことです。常に「お客様にとって、この画面は使いやすいか」「この機能があれば、便利じゃないか」という発想を第一に知恵を絞り、難しい開発にも取り組むことで、エンジニアとしての成長にもつながっていると思いますね。

K.Iさん:ICTソリューション事業部では、すでに次の自社パッケージ商品の開発にも着手しています。また、AIやクラウドなど新しい技術にも積極的にチャレンジしていきますから、エンジニア一人ひとりのスキルアップも実現可能です。もちろん、自分達が考えた自社パッケージ商品でお客様の事業を支え、社員のみなさんの働きやすさにも貢献できるやりがいを得られることは、このポジションならではでしょうね。

Q最後に、お二人のこれからの目標や夢をお聞かせください。

K.Mさん:主任技師補になって部下を持つ立場になったので、マネジメント力を高めていきたいと思います。同時に、当社の開発姿勢であるユーザー目線の大切さを部下に伝えながら、「ALL Sky」で新たな自社パッケージ商品や、その元となるプロトタイプの開発に取り組みたいですね。ICTソリューション事業部はもちろん、Sky株式会社全体に、社歴や年齢に関係なく自由にアイデアを発信でき、新技術にもチャレンジできる環境がありますから、部下や新しく入社される方たちとこれからも積極的に様々なことに取り組んでいきたいです。

K.Iさん:直近の目標としては、『SKYDIV Desktop Client』を業界トップシェアにしていくことです。加えて、新たな自社パッケージ商品をつくり出して、お客様が持つ業務課題や経営課題をITの力で解決していけたらと思います。自社パッケージ商品開発を今まで以上に加速させるため、AIやクラウド、画像認識等の最新技術を積極的に取り入れながら、事業部全体の開発力の底上げをすることも私の使命だと考えています。



本求人は、株式会社マイナビ運営「マイナビエージェント」による
人材紹介案件です。
応募後は同エージェントからの連絡となります。

Sky株式会社の求人情報はこちら
特設ページTOPへ戻る