久しぶりの投稿です。 8月27日(土)、豊橋市主催の総合防災訓練に参加してきました。 総合防災訓練はコロナ禍により2年間中止となっておりましたが、今年は3年ぶりの開催となりました。更に初の夜間訓練ということで、参加者の皆さんは緊張している様子でした。
私たち建設業協会は道路啓開作業の訓練をしました。道路啓開とは、道路に散乱した瓦礫や倒木を人力や建設機械を使って片付けて通行できるようにすることです。
その後で、倒壊した家屋や車に閉じ込められている人を救助したり、行方不明者を捜索したり、住宅火災を鎮火したりと、レスキュー隊、消防、警察、住民の皆さんなど、多くの方が参加しました。
大規模な災害が実際に起こったら、こんなにスムーズにはいかないだろうなと思いながら、訓練はしたほうが必ず役に立つことがあると実感しました。
最後の総評で、豊橋市長さんが、「自助公助共助」が大切だと仰っていました。 私もまったくその通りだと思います。
災害が起こりませんように…