こんにちは。阪神ロジテム 採用担当のNです。
「物流」と聞いてどんなイメージをお持ちですか?
長距離輸送のトラック? 長時間労働? きつい・きたない・危険(3K)?
私は物流業界で二十数年、採用の仕事をしています。 学生の方からは個人的にこの業界を選んだ理由を尋ねられることもよくあります。 「毎日コツコツと誠実に努力ができる人が多い業界だから」と回答しています。 誰が見ていなくても努力をできる人が多くいる場所で働きたいと思ったのです。 その印象はいまだに変わっていませんし、事実その通りだと思います。
給与や福利厚生も大事ですが、仕事は生活の大部分をしめていますので 自分が大事にしたい価値観と共鳴していることも長く続ける秘訣です。
一般的にはどうでしょう?
最近では災害の多発やネットショッピングの拡大の中で

「社会インフラのひとつとして、生活に不可欠な業界である」

という認知が深まりました。
さらに、長年働いてきた人間として感じているのは、

「好不況の波の影響が少ない」


いうなれば、「普通に仕事があるという幸せ」です。 当社においては、 コロナ禍で食品原料やホームセンター向け商材に関しては出荷が伸び むしろ忙しい状況となりました。
そういった安定を求めて入社を決められる方も 当社にはたくさんおられます。
「縁の下の力持ち」の物流業界。 知られていないことも多くありますので、 興味を持っていただるような発信をしていけたらと思います。