ARCoreでアプリをつくる

当社では、以前から勉強会と称して一部のメンバーがARのアプリを作っている。 今回はその中の1つ「SuperSatoshi」をご紹介します。 あまり大々的に言うと京都の某ゲーム会社からお叱りを受けそうなのですが、ヒゲのキャラクターが跳んだり走ったりするアレのパロディARです。 主人公はSatoshi。 ARCoreが地面や机を認識して、その上で跳んだり走ったりします。 手前にあるものを認識して後ろに隠れる「オクルージョン」機能もついています。 たまに地面を認識できず落下してしまうのはご愛嬌。
プレイ動画はこちら

環境

Unity2019.4 ARFoundation4.1.0 ARCore XR Plugin4.1.0 プログラムはC#で書いています。

問題点とまとめ

使用したスマホのDepthセンサーの性能不足により、地面や壁を突き抜けてしまいます。 ToFセンサー等を搭載した新しいスマホで動かしてみたい。