こんにちは!株式会社古原建設です。
夏も終盤、みなさん夏楽しんでますか?😊 3密を避けられるため、キャンプなどのアウトドアが今アツいです! ソロキャンプも今や定番化しましたよね。

アウトドアに欠かせないものといえば…焚火!🔥 コロナ疲れへのリラックスにうってつけのレジャーです。😌
みなさんは、勢いのある炎でキャンプファイヤー派ですか? それともとろ火でしっぽりとリラックス派ですか? はたまた、飯ごうなどアウトドア料理派ですか?

これらの火力は、木の選び方で変わるんです!
今回はおすすめの薪の選び方をシェアしたいと思います~🔥🌳 古原建設では薪の販売もしていますので、チェックしてみてくださいね!

ちなみに写真は弊社で作った針葉樹のスェーデントーチです。おしゃれかつ火力があって最高です😊 (古原建設ではピザ屋などの飲食店から、個人様向けにも薪を販売してます。✨)

さて、薪選びはズバリ【火力なら針葉樹!】🌲【火持ちなら広葉樹!】🌳です。
油分を多く含んでいる針葉樹は焚き付けやキャンプファイヤーなどの豪快な火に適しています。
例えば焚き付けにスギ、火力を上げるマツ、火力を持続させるヒノキなどの針葉樹の使い方をお勧めします。


硬さと耐久性で火が長持ちする広葉樹は、じんわり暖かい「おき火」を作るのに適しています。
例えば焚き付けは同様にスギ、安定すればカシやナラでおき火を。クヌギは高級と言われますが抜群の長持ちさと熱量で、香りも楽しむなら桜がお勧めです。


それでは、明日もご安全に!