こんにちは!  日鉄日立システムエンジニアリング株式会社(NHS)採用担当の原島です!

私たちNHSは、第二新卒入社の方を準キャリアと位置づけ、積極的に採用しています。手厚い教育を誇る当社では、同業界、異業界の出身を問わず、これまで多くの準キャリア入社の社員がシステムエンジニア(SE)として活躍しています。こちらの『+Stories.』では数回に分けて、当社の準キャリア入社の社員をご紹介していきます。

初回は、2019年4月入社、金融システム事業部所属のR. H.さん(写真)。 前職は大手損害保険会社の営業として新卒から約2年間勤務し、NHSに転職。現在は前職のシステム構築にSEとして携わっています。学生時代には陸上長距離の選手として、全国大会出場も経験。新卒時の志向からの変化や転職活動のお話、未経験からのIT転職、現在の業務などについてお話を伺ってみました。

「前職の経験が生きている」


―現在、参画しているプロジェクトと担当業務を教えてください。

R. H.「今は、大手損害保険会社の基幹システム刷新のプロジェクトにいます。その中でも私は、テストの実行やテストで見つけたバグの修正をメインでやっています。担当している損害保険会社様はかなり規模が大きいので、NHSが担当しているのはその中の一部ですね。簡単に言えば、例えば事故にあったお客様に保険金を支払うんですが、そこの一部分のプレセスを担うシステムですね。入社して半年の研修を受けて、配属されてからすぐの参画でしたので、ちょうど2年間くらい現在のプロジェクトに入っています」
―日々の業務での大変な部分はありますか?

R. H.「やっぱり、顧客の損害保険会社様の業務が複雑で保険の専門知識が必要となる部分ですかね。なかなか業務理解、専門知識の理解が難しい部分でもあります。それをシステムに落とし込んでいく難しさはありますね。あとはシステム自体も、昔から使っているもので、設計書とかがあまりない。複雑なコードを解読したり、今の技術に置き換たりしていますね。その置き換えが難しい部分と言われていますね」
―奇しくも前職の会社のシステムを構築しているとのことですが、どういった経緯で参画したのでしょうか?

R. H.「自ら積極的に手を挙げた…記憶はないですね(笑)。新人研修後、金融ソリューション事業部に配属になって、部長とかとも面談する機会があったんですが、そこで『前職のところでもいい?』って聞かれましたね。自分としては『しっかり学習できる。成長できる環境があれば構いません』とお伝えして、結果、今ここにいる感じですね」
―SEとして前職の会社のシステムに関わる中で、感じた部分はありますか

R. H.「前職のシステムは使いづらくて、営業時代には取引相手の方から不満の声を聞くこともありました。それがきっかけで、システムについて興味が湧いたのもあります。かつて使っていたシステムより良くしていく、このシステム良くしていければ企業の業務効率改善や成長に貢献できるだろうなというのが実体験を通して分かっていたので、現在の業務は逆にモチベーションになっていますね。  あとは専門用語や、保険の前提知識とかは前職の経験が生きているので、お客様、関係者と会話するときに生きていると思います」
―前職にいるときから、システムへの興味があったんですね

R. H.「そうですね。前職では1980年代に構築された基幹システムを使っていたのですが、営業成績の管理や保険料の計算などあらゆる部分で老朽化を感じていました。保険会社は代理店を介して個人に保険を売る流れなんですが、その代理店さんから『どう使えばいいの?』『使いづらい』と、保険システムの問い合わせが毎日のようにきて、対応に時間を割かれていました。そこは営業の本質じゃないなと感じていました。システムのトラブルを対応して売り上げが上がるわけではない。対応に時間を取られ、取れたはずの売上が取れずもったいないと感じていました」

新卒時はITに「興味なかった」


―転職理由と重なる部分ですね。そもそもなぜ新卒で前職に入られたのでしょうか

R. H.「2017年に大学の経済学部を卒業して新卒で前職に入社しました。経済学部ということもあって、金融や金融商品、社会保障には学んでいたこともあり興味を持っていました。そういったこともあって、就活も金融業界を中心に見ていました。あとは部活も影響していたのかなと思います」
―大学では陸上長距離の選手で、全国大会にも出場経験があるとお聞きしました。そのことも背景にあったんですね

R. H.「そうですね。大学では陸上部に所属していて長距離のキャプテンをやっていました。部には指導者がいなかったので、キャプテンとしてメンバーの練習メニューを考えたりとか、生活態度とかに対して指導したりとか…。そういう経験から人の成長支えていくことにやりがいは感じていました。金融に興味があったこともあって、お金や金融商品を介して企業の成長に貢献できる、自分に合っているのではと考えて就活していましたね」
―体育会系の就活だと、部活や大会と並行で大変そうですね

R. H.「正直それはありましたね。大会も4年生の終盤までありましたので、早めに就活はして、企業は絞っていました。その時期には、他にも人とか社会を支えるということで、インフラ業界とかも受けていました。基本的にはインフラと金融しか見ていなかったですね。受ける会社を絞っていましたね」
―新卒時にNHSと出会っていたら…選考を受けていたと思いますか?

R. H.「正直、全然興味なかったと思いますよ(笑)。IT自体、理系がやるものだと勝手な想像をしていましたし、今考えれば企業も大手ばっかり受けていましたね」
―そんな新卒時は対象外だったNHSに興味を持ったのはなぜですか?

R. H.「やっぱり、金融業界に身を置いたということもあって、すごく社会やあらゆる業界を俯瞰して見られたことが大きいですかね。最初は大企業志向でしたが、前職の仕事を通していろいろな業界がどういう仕組みで成り立っているのがどういうサービスを提供しているのか具体的に知ることができました。もちろんお客様の中にはIT企業もありましたし。そこが新卒で就活しているときとの大きな違いだと思います」
―前職の経験で視野が広がったんですね

R. H.「そうですね。でも、転職の軸は新卒と変わらなくて『人とか社会を支えたい』でした。ただ、それが前職を通して、『人や社会を支えるのは金融、インフラ以外にもたくさんあるな』と改めて感じていたことが大きかったと思います」

私生活で生まれた“落ち着き”


―そもそもなぜ転職を考えたのでしょうか

R. H.「保険は、あらゆる業界、業種の方々がお客様。業務時間外でもお客様との関係構築に力も注ぐので、ワークライフバランスを考えたら長く働くイメージが見えづらかったのもあります。 あと、前職は全国転勤だったのですが、それも考えるきっかけでした。私自身、転勤族の家庭で結構大変だった思いもありました。今後の人生も考えることが多くなりましたね」
―働き方や今後の人生プランを考えたときに、転職を検討したんですね

R. H.「そうですね。あとは、金融業界はルールが厳しく決まっている業界なので、会社や個人の強みが反映しにくい特徴があります。社内でしか通用しないスキルに危機感を持ったというのもありますね」
―そして、今まで見ていなかったIT、SEに目を向けてみたんですね

R. H.「転職活動の中でITを見ていて思ったのは『必ずしも理系だけの仕事じゃない』ということでした。IT業界の中でも、営業とかSEとかいろいろありましたが、今後生きていくうえで、特別なスキルを一つ持っていけると強いのではと感じていました。そこでSEに絞って転職活動を始めましたね」
―その中でも、NHSのSEを選んだのには理由はありますか

R. H.「譲れなかったところは、システムのプログラミングだけじゃなくて、しっかりシステム自体を作れる存在になれるか。そこは妥協しなかったですね。プログラマーとかだけだったら未経験可の求人も多かったのですが、今後のキャリアの広がりや待遇も考えたら、広くシステム開発に関われるSEが良かったと思いました。最終的に2社の選考に進んで、ご縁があったNHSに決めました」
―結構考えられていたんですね。異業界転職でITスキルとかに不安はありましたか?

R. H.「経験は全くなかったですね(笑)。そういった意味では企業の教育面も重視していましたね。転職当初出来たのは、ExcelとかWordとかくらいで。Excelでもマクロとかは組んだ経験なかったですね。ただ、研修の中で簡単なプログラミング組んだ時に、それがしっかりと動いたことが楽しかったしうれしかったですね。研修では新卒の同期と一緒にプログラミングに対して丁寧に教わったので、抵抗なくスキルを付けることができましたね」
―現在の業務のやりがいってありますか?

R. H.「細かいところでいえば、自分がコーディングしたものが、想定通り動いたとき達成感はありますね。後は、これはまだまだこれからですが、顧客にシステムが納品された時、業務効率が上がるのだろうなというイメージを持っているので、それが今のモチベーションですね。やっぱり、根底には企業の成長を支えたいという思いがあります。システムを実際に稼働してお客さんが使ってみて、『いいシステムだな』と感じてもらえたとき、きっとまたモチベーションが上がると思います」
―仕事を通しての目標はありますか?

R. H.「今までは、テストとかバグの修正メインだったので、今後はお客様としっかり話をして上流工程やシステムの設計から入って、最後の納品までの一連の流れを経験してみたいなと思います。求められる仕事もリーダー職になるにしたがって変わっていくので、システム自体の品質向上の方法やプロジェクトの管理とかも、今のリーダーから学んでスキルを高めていきたいですね」
―最後に、『転職してよかったな』と思うときはありますか?

R. H.「やっぱり大きな異動や転勤もないので、私生活に落ち着きができたかなと思います。少し前に結婚もしましたが、家庭の今後も落ち着いて考えていけるなと。 休日の余裕も出ました。学生時代には陸上長距離の選手で、今でもランニングを趣味にしているんですが、転職して走る機会も増えてタイムも上がりましたね(笑)。世の状況も収まってマラソン大会とかも参加できるようになれば、挑戦したいですね」