こんにちは! 株式会社愛宕でバックオフィスを担当している堀です。
初投稿ということで、愛宕ではどんな+Storiesにしていくかについてお話したいと思います。

弊社は27人の個性的なメンバーでお仕事をしています。

今回のこの+Storiesの企画が始まったのは8月のこと。 愛宕らしさを伝えるいい機会でした。
でも、どうしたらこの個性的な部分を表現できるのか、、、
考えた結果「27人全員がそれぞれの考えていることや書きたいことを書く!」に至りました(^^)
これから、バトンを渡しながらみんなで書いていきますので是非チェックしてみてください♪

私の思う愛宕のよさ


なんだか数年勤務しているような書き方をしましたが、私は4月に入社しました。 まだ半年しか経っていません(笑)
そんな私が、愛宕に入っていいなーと思ったことを今回書かせていただきます。

愛宕は、大手企業というわけではないので、みんなで意見を出し合える環境です。

月に一度行われる会議では、みんなが自由に意見を述べる機会があります。 「オフィスにこれがほしい!」 「こういう支援制度があったら嬉しい!」など。

愛宕の行動憲章(社訓)も、その会議でみんなにアンケートを取って決めたそうです。
みんなには「今までの仕事で経験した困難な状況での行動で、上手くいったもの・上手くいかなかったもの」のエピソードを集めて、リーダーたちが分析。 その中でも、愛宕の社員はこれができているよね!愛宕の社員のよさはここが共通しているよね!という項目をまとめて作られたのだとか。
それがこちらです。
【1、正直者は馬鹿を見ない】 【2、悪いニュースが聞きたいニュース】 【3、やり方はひとつではない】 【4、もう一回相談してもいい】
1は、誠実で嘘をつかないこと 2は、言いづらい悪い報告も伝えること 3は、目標達成のために考えること 4は、仲間と助け合うこと を表現しています。

こうやって、みんなで決めれる会社って少ないんじゃないかなと個人的には思っています。 よくあるのは、社長やリーダーが決定した事項を報告して、みんなで実施する。
しかし、愛宕はボトムアップを意識している会社だと入って感じました。

最後に


これから全社員が記事を書いていくので内容も言い回しも違うと思いますが、こんな人たちがいるよ!というのをお伝えできたらと思います(^^)
よろしくお願いします♪