こんにちは!金曜日担当の尾崎です。
さて、私の趣味のひとつにTRPGというものがあります。 読んで字のごとく会話型のロールプレイングゲームで、ファンタジーやホラー、近未来など様々な世界の登場人物となり、進行役のゲームマスターとともに「王様からの依頼」や「未知の恐怖からの逃亡」のようなストーリーを解決していくゲームです。
「サイコロでやるドラクエ」「ルール整備のされたごっこ遊び」なんて言われたりもしていて、ストーリーの作成から実際のプレイまですべて自分たちで行う自由度の高さが特徴です。
このTRPG、ものによっては基本のルールブックの他にサプリメントと呼ばれる追加データ集の本が展開されています。これが単にアイテムやルールが載っているだけではなく、登場する国の文化的歴史的背景等の読み物として面白い要素もあったりするのです。 そう、「読んでるだけも面白い」のです。

実のところ、最近友達と都合が合わずあまりセッションができていません。 非常によろしくないことに、その寂しさをサプリを読んで紛らわせている状況にあります。
その結果、「1000円で始められる」の売り文句はどこへいったのか、ソードワールド2.5だけでも購入した関連書籍は30冊にのぼり、そのうちのノベル以外に5冊ほどは読んで積んでるだけとなってしまっています。
TRPGはゲームですので、いかに読み物として面白かろうとプレイしないとその真価は発揮されません。 「積みゲーは罪」という言葉があるように、買った書籍をセッションに生かさないのはとても罪深い行為です。
このままではいけません。 たとえセッションの日取りが取れなくても、いつか都合がついた時の為にとりあえず今週末は新しいシナリオの執筆に時間を割こうと思います。 休みの間に話の背骨くらいはできるといいな、、、
それでは良い週末を!