はい! ゆめみ広報担当の福太郎です!
グローバル化の進展や社会の成熟化を通じて、多くの企業が持続的に成長していくための不可欠な要素や新たな指標としてD&Iを重視する企業が増加していますよね。
ゆめみにおいても最も重要な経営戦略の一つとしてD&I推進の指針を改めて策定し、 宣言として公開しました。
もしかしたら薄々感づいていた人も多いかと思いますが、ゆめみには、創業当初から多様な個性や価値観を尊重し、互いの対話や協働を通じて認め合い、良いところを皆で生かそうとする文化が根付いているんです。
ゆめみでは女性比率は約20%、日本以外の外国籍の社員は約10%と、決してマイノリティと呼ばれる属性の比率を高くできているわけではなものの、社会的な女性役割を強く押し付けたりすることなく、育児からの復職率もこれまで100%であり、人種や国籍の違いも個性として比較的歓迎されてきた文化があります。
ゆめみらしい活動のひとつの例をご紹介します。 多様なマイノリティを包摂的にとらえるには「つらみ」という全ての人に共通する感情・体験を共有していくことが重要という考えのもと、「つらみ」を語り合う「つらみ会」を定期的に行っています。
例えば、女性という性役割を演じる中での「つらみ」というD&Iで注目されがちな属性だけでなく、経営者という社会的役割を演じる中での「つらみ」など様々な役割にも注目する事で、あらゆる属性に共通した軸を作ることをねらいとしています。
その他にも、D&I担当取締役の設置を決定するなど、重要な経営戦略のひとつとして本気で取り組んでいきます。
属性に基づいた検証ではなく、あらゆるマイノリティの多様な視点や観点に着目し、ゆめみのあり方を総点検しながら無意識の偏見に気づき、修正を繰り返していくことで、よりよい成長環境を模索していく構えです。

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)宣言