こんにちは。マリコです。 突然ですがマリコ、とてもウッカリが激しい人間です。 小学生の頃はランドセルを忘れて学校に行ったこともありますし、中学3年の時にはいつもの下校路で迷子になったこともあります。 大学時代に就活(企業説明会)のために夜行バスで本州の端から京都まで向かったものの、財布忘れて京都駅周辺から移動出来ず、帰りの夜行バスの時間まで小さな公園で過ごしたのは良い思い出。 大人になってからもウッカリは直らず、通勤途中に靴を落として(電車に乗る瞬間に靴がぬげてドアが閉まった)片足裸足で出社したこともありますし、コーヒーに粉ミルク入れるはずが粉チーズ入れたこともありますし(普段はブラック派)。あと、ウッカリ自分の開けたドアで前歯を折ったことも…and more.
そしてここクイックガードでも、あり得ないウッカリをしてしまっているマリコ。当の本人も「なぜそんなことに?」と驚き、そしてボコボコに凹む日々です。 普通の会社だったら口もきいてもらえないかも。
ウッカリする度に反省し、しっかり生きようと(志は高く)と心に誓うのですが、繰り返されるウッカリ。共に仕事にあたる先輩方のワンダフルなフォローには感謝しきりです。 普通の会社だったら目もあわせてもらえないかも。
本当にクイックガードが普通の会社じゃなくて良かった。(曲解) あ、でも、誤解しないで頂きたいのはクイックガードはウッカリを許してくれる会社じゃないし、マリコだってそれに甘える訳じゃあないってことです! 古典的ですが指差し確認・声だし確認・気合い入れて確認でより注意深く日々のお仕事に取り組んでいる次第です。
でも、やっぱり、マリコのまもなく不惑の歳…
神様、ここに過去のウッカリ(の一部)を告白します。 どうかマリコをシッカリした人間にして下さい。