いま盛りと咲いている花に、屁糞葛と云う花がある。 アカネ科ヘクソカズラ属 (ヤイトバナ属)の花である。 小さくて可愛い花だが、嫌な臭いがするのでこう呼ばれたとも言われている。 しかし、確かに嫌な臭いではあるが、屁糞とまで呼ばれる程の臭いでは無い。
つる性の多年草であり、塀や木々に巻き付き、枯れると木質化し、根本は太くなるので除去するのが甚だ厄介である。 そんな事で、厄介者として命名された考えたとも思える。
弦が太くて枯れると木質化と言えば、クズ、ツタ、ヤプガラシ、カラスウリなどたくさんあるし、クレマチスの弦などもっと硬くなる。 しかし、やたら何処にでも顔を出し、何の役にも立たないので毛嫌いされているようだ。 ただ、漢方薬には使われているので、全く役立たずではないのだけど、あまり知られていないのが残念だ。
それにしても、こんなにまで、変な名前を付ける事は無いだろうとこの季節になると毎年思ってしまう。 最も、春に顔を出すとても可愛い花に「継子の尻ぬぐい」なんて、さも嫌われ感いっぱいの花もあるので、かわいそうな花は、これだけではないのだけれど・・・・。 なんか違う名前が無いものだろうか。