2021年6月度の新人賞を受賞した社員にインタビューをいたしましたので、その一部を抜粋してお伝えします。 以下は社員からお聞きできたことをありのまま記載いたします。

新人賞受賞は目標としていたのか

実を言うと、就職活動中から目指していました。 研修期間中も「新人賞をとる」と口に出していましたし、やるからには結果を出したいという思いが常にありました。
⇒現場に配属される前から目標としていたとのことで、向上心の高さが伺えますね! ほけんの窓口は、自己成長意欲や他社貢献意欲の高い方を求めています!

受賞に至ったポイント

ポイントは二点あると考えています。 一つ目は、常に、「新人賞を取りたい」というモチベーションを意識し続けることです。 新人賞をとるためには、多くのお客さまに安心をお届けする必要があります。そのためには、「保険の知識」だけではなく、「お客さまとの向き合い方」を身につけなければなりません。こういったスキルアップに対して前向きになることができたのも、新人賞を意識していたからだと思います。
二つ目は、そんな自分の気持ちに応えてくれる店舗スタッフの存在です。 初めはうまくいかず、「自分よりもベテランスタッフが相談会をした方が、お客さまのため、店舗のためになるのではないか」と思うこともありました。そんな時、店長から、「お客さまから見たら新人もベテランも関係ない」とアドバイスをいただき、相談会への思いが変わりました。そんな自分の不安に寄り添ってくれた店舗スタッフの存在も新人賞受賞のポイントだったと思います。
⇒ほけんの窓口では「共育」という言葉を大切にしており、新人もベテランも関係なくサポートし合う組織風土があります。 チームで一つの目標に向かい、サポートし合える環境を求めている方にはぴったりの会社です。

まとめ

今回はpart.1として、新人賞受賞社員インタビューの一部をお届けしました。 インタビューの続きは今後更新していきますので、楽しみにお待ちいただければと思います。