プロテインマーケットはの現状
プロテインマーケットが拡大しているのは事実で、現状での市場規模調べてみた。
・2020年のプロテインパウダーの市場規模(見込み)は前年比17%増の680億円 ・2020年は新型コロナウイルス感染症の流行をはじめ、国際的イベントの延期などの影響を受け消費の低迷が見られたが、プロテインパウダーについてはコロナ太りや運動不足解消のため、自宅でトレーニングをする人が増えたことから需要が高まっており、前年以上の伸び率で拡大するとみられている。 ・パウダータイプのプロテインは、2000年代半ばまでごく一部のトップアスリートの利用に限られていたが、08年頃からライトユーザーにも広がりを見せ、15年以降はたんぱく質摂取の重要性が理解されたことやロカボ(低糖質食)の普及、スポーツ人口の増加などから市場は2ケタ増で成長を続けている。
さらに、市場を盛り上げているのが、より手軽にたんぱく質を摂取できるたんぱく補給食品の存在だろう。
・20年のたんぱく補給食品の市場(見込み)は対前年比11.8%増の1727億円となった。
プロテインパウダー同様、コロナ太りや運動不足解消の目的のほか、 テレビ番組のプロテイン特集で各種たんぱく補給食品が取り上げられたことも影響しているようだ。
で、当然、プロテインメーカーは広告出稿を強化している!  広告ライブラリを見てもある程度分かる。
当然マーケットが盛り上がっているから、競合会社もこぞって広告出稿しているわけだ!
そこでシェアオブボイスについて。。。
広告業界の中でも基礎用語。時代と共に定義は変わるが
ようは、 ・生み出される会話量のシェア
もっとシンプルに言うと広告出稿量ともいわれる!   それを高めるためには広告出稿を多くしないとね、っていうのが大手広告代理店のTVCM売るロジックです。
例えば世界的飲料メーカーがいまだに広告を出し続ける理由とは?? 
2大ブランドとも全世界的な認知度があるから広告出さなくてもいいのでは?w  的に2007新卒の時に思ってました。
広告によって世間でのコミュニケーションのマインドシェアをうばっていくわけです。
これがシェアオブボイスの正体!!
なので圧倒的な認知度がある大企業でも広告を出す!
もちろん時代とともにコミュニケーションが変わるので、 NFLのスーパーボールによるTVCMをやめたことも衝撃的なものでした。
「スーパーボールCMをやめSNS展開へ」 このようなニュースが世界中に配信されたのです。
つまりSNS時代のシェアオブボイスが重要なのですよ! まさにUGC及びインフルエンサーマーケティング。
昨日も大手コスメメーカー様と打ち合わせしていて、、、
「コスメにおいて、インフルエンサーマーケティングは圧倒的に相性が良い」 「TVCM予算はへらして、SNSに予算を大きく割り振る」
こういうことがナショナルクライアントでも起きているのです。 
話し戻すと、プロテイン市場におけるシェアオブボイスをデジタル含め、 SNS含めて分析できるようになることが、KAIKETSUのインハウス的にも価値提供ですなw
クライアントさんのシェアオブボイスで言えば、いまココですね! 的なことを言えるようになりたいです!!

株式会社KAIKETSUについて さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック↓↓↓ https://kk2.co.jp/recruit/#sec01
その他 KAIKETSUの日常や、社員の様子、会社の様子は KAIKETSUのインスタ https://www.instagram.com/kaiketsu_official/
KAIKETSUのNOTEはこちらから! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ https://note.com/kaiketsu_note
で発信しています。 良かったらこちらものぞいてみてください!