こんにちは!株式会社古原建設です
みなさんは、こんな切り株を見たことがありますか?
山で大径木を伐採後、切り株の面取り前と後です。 面取りを行う理由は主に2つ。
樹木が込み入った山での伐採で切株に向けて伐倒する際、【力を分散させ丸太が傷付かないように】角を落とすのが1つ。
そしてもう1つは、【山道に面していて人が通る可能性がある場所の安全確保のため】に面取りしています。 カドで怪我をしたり、上り下りの際に滑ったりするのを防ぎます。⚠️ 座ってちょっとした小休憩もできますね🍵
伐倒したままの状態だと、ギザギザ状態。 これは木の重心移動を利用して、わざと中心部が裂ける形で伐倒するからなんです。 これではとても座れませんね😵笑
普段の生活を想像できるのがプロフェッショナル✨ 自社メンバーながら、思いやりがあるな、と感心します。😋
それでは、明日もご安全に!