こんにちは。株式会社日本入試センターです。 今回は引き続き当社の人事制度やキャリアパスについてご紹介いたします!

●人事評価制度について●


当社の社員は、毎年の人事評価で自分の目標設定や振り返りを行います。 日々業務をこなす中で、
「これはできた」 「ここがまだ自分には足りない」 「これができるようになりたい」
といったように自分と向き合える時間というのは結構貴重です。
また、担当者からのフィードバック面談で自分の仕事ぶりを客観的にとらえることもできるので、 ただなんとなく働くのではなく、

「数年後自分がどうなっていたいか。そのために今どんなことをすればよいのか。」

が意識しやすい環境だと思います◎
毎年の評価の累計で等級が上がっていくシステムで、等級が上がればやりがいも感じられますし、昇進のチャンスもあります。

●職種の垣根を越えられる●


例えば総合職で入社した社員が、校舎で受付として3年、5年とキャリアを積む中で
「先生をやってみたい」
という思いが出てきたとしたら、どうすればよいのでしょうか。 当社では試験などを経て適性を判断したうえで、総合職から講師職へ職種を変更することができます。
実際、私の周りでも総合職で入社、校舎受付を数年経験したのちに講師職に転換!という方がいました。

一つの仕事をある程度経験したからこそ持った夢

それをかなえた

という感じですね。
自分の可能性を広く持てるという点で魅力的な制度だと思っています。

今後も当社のキャリアパスについてご紹介してまいりますので、お楽しみに!