お取引先様やお客様と取り交わす仕様書。
リピート案件なら問題ないのですが、 開発要素のある話ですと しっかり要件定義できていないと 現場でエラい目に遭うのが常でございます。
その仕様書に書かれている内容が そのままプログラムに置き換えられるほどに 詳細が分かっている人と、 求められる動作を明確にして 適格な言葉で論理的に説明できる人とで決めないと、
工場受け入れ前検査の時点で求められている動作と全然違うことが発覚して 「ちょ...とりま2次元テーブルのループ数をタッチパネルから変更出来るようにして前回の値を移動平均のサンプルからこの条件で除外して..(昼飯を食べながら脳内プログラミング)」
ということがありますので(;^ω^)
とはいえ創業期の ゼロからプログラムを作っていた頃から比べれば、 ずっとマシですかね。 (90年代のシーケンサは動作が遅く昔のファミコンがそうであったように、動作を軽くするプログラミングも求められた。)

あと 写真みたいな平和な会議はわりと幻想です🤤



社内会議は少なく今は平和に過ごせてる採用担当 いもさん
株式会社アイエムイーHP
(↓の募集求人は工事中なのです..。)