測量とは? 器械を用い距離と角度を測り、物の高さ、深さ、長さ、広さなどを知ることです。
測量の中にはいくつか種類があり、 基本測量、地形測量、写真測量、応用測量等があります。 皆さんに身近な測量としては、 現地測量(現況測量)と用地測量(境界確定測量)ではないでしょうか。
測量の歴史は古く、遡ると古代エジプト時代から行われてきたとされていて、 日本では西暦700年頃には、班田収授法(田を人々に分け、収穫から祖を徴収する法)や 豊臣秀吉が行った太閤検地など、時の権力者である政府は必ず土地を測量し 年貢の徴収などで使われてきました。
また、有名な人物として伊能忠敬が、西暦1800年頃に日本地図作成の為、 全国で本格的な測量を行ったことについては、ご存じの方も多いと思います。
我々の仕事は、都市や街を造るために土地の広さや起伏を測ったり、 位置関係を明らかにしたり、地図を作ったり、 道路や河川の計画を実施したりすることを目的としています。
みなさんどうでしたか? 少しでも測量に興味を持っていただければ幸いです^_^ 次回をお楽しみに!