Googleで導入されたりとかで、一時期よく調べていました。 効果がない人もいますが、それは物事の認知にバイアスがあまりかからない人ですので 大半の人には効果があります


瞑想をすると心が穏やかになる人もいますが、 私が瞑想をするのは以下に当てはまる時です。
・過去のミスを思い出して自分を責め始めたとき ・現在の不安な事柄に対して感情的になり始めたとき
心理学でいうと「否定的自動思考」が発生した時ですね。
これは問題に対して感情的になっているだけですので 早いとこやめるべきなのですが、 動物でも敵に対峙した時に ごろーんだらーん_(:3 」∠ )_ としたりはしないので 生存本能が頭を勝手に酷使するから難しいのです。


そんな時に瞑想は効果的ですね。
要は

何も考えない状態をつくり出して

物事の良し悪しをすぐに判断する脳のクセをゆっくり解きほぐしていく


ことなんです。

瞑想と聞くと座禅組んで~とかを想像されるかと思いますが 寝たままでもイスに座ってても問題ないです。
個人的には部屋の「キーン」という静寂音だけを聴き続ける のが自分に合っていました。 お寺にあるような「りん」を用意して聴くのも良いと思います。
ただその音だけに集中してその対象に良し悪しの判断をしないのがコツです。

(社内で瞑想部屋だとかそういう時間とかは設けてません)

仕事で倒れた後に独学で認知の歪みを矯正して復活しちゃった採用担当 いもさん
株式会社アイエムイーHP
(↓の募集求人は工事中なのです..。)