毎年金木犀が香りはじめると、そろそろSOの季節だなと感じます。 SOとはサピックスオープンの略でサピックスの公開模試です。 志望校への適性や合格判定だけではなく、学力の多面的な診断にも役立てられます。
特に秋から冬にかけて行われる6年生対象のSOは独特な緊張感があります。 中学校会場で実施される場合も多く、より入試本番に近い環境の中で行われるため 来場する子どもたちも心なしか緊張の面持ちです。
当日のテスト運営には校舎職員だけではなく、私たち本部職員も参加します。 子どもたちにとっては見慣れない大人たち。一層緊張も増すようです。 受験当日も会場には独特の空気があるでしょう。 その空気にのまれないよう慣れておくことも大切ですよね。 そんな役割もSOにはあります。
テスト中は教室巡視にも参加します。 懸命に取り組む子どもたちの姿を見て日々の努力を想像します。 まっすぐ頑張る彼らために、私たちの仕事があるのだと再認識します。 気持ちが引き締まり、「私もがんばろう」と思わされる一日です。