皆さんこんにちは。日本入試センター人事部の中川です。
今日は私も在籍しておりましたY-SAPIXについてお話したいと思います。 Y-SAPIX、皆さんご存知ですか。 SAPIXに代ゼミのYがついてY-SAPIXですね。 当社日本入試センターの中でも、Y-SAPIXは大学受験を扱う学習塾です。 高校生だけでなく、中高一貫校に通う中学生も通ってくれています。
そんな学習塾での仕事について、記憶を振り返っていきます。
私は数学科の教師職でしたので、Y-SAPIXで働いていたときは、授業を行う毎日でした。 1日に2時間の授業が2コマ、または3時間の授業が1コマ、それが週4日5日もあるので、仕事の半分が授業ですね(笑)。
それ以外では模試を作題したり(これが楽しい!!)、保護者の方とよく面談をした記憶があります。 中1から通ってくれている生徒の保護者の方とは、思い出話で盛り上がることもしばしば。子供の成長はあっと言う間です。 そんな毎日を過ごしておりました。
生徒はというと、親の仕事を継ぎたいという思いで医学部を志望する生徒もいれば、YouTuberを本気で目指す中学生、国際弁護士になりたいと法学部を目指す男の子もいれば、とりあえずモテたいから法学部を目指す生徒も。皆さん色々な夢をもって勉強しています。みんな目標があっていいですね。
こんな生徒たちを第一志望の大学進学へ導くのがY-SAPIXの仕事です。 仕事のイメージは持って頂けましたでしょうか。 私自身もこの日記を書くにあたって、自分自身の仕事を振り返るとてもいい機会になりました。
ではまた。