弊社のウェイトチェッカーは高精度に分包の質量測定をすることが可能です。
こちらのベルト式の多列自走式ウェイトチェッカーでは主に食品工場向けの製品であり 0.00gまでの目量(最小表示桁)で測定を行います。
これとは別のタイプの多列静止式分包秤量システムでは 搬送装置に組み込んで数100msほどの静止状態の間に測定を行うことで、 0.000gの目量で±15mgという高精度測定を実現しております。
これらは食品・医薬品製造工程における課題に対するソリューションに重きをおいており、 既存の製品を売ることに拘らず お客様のお困りごとの手助けになる技術開発に、拘りがあります。

わざと真面目すぎて技術者以外にはそうウケない内容を書くと PVがどうなるか試している採用担当 いもさん
株式会社アイエムイーHP
(↓の募集求人は工事中なのです..。)