まずは動画を見てください。
ARCoreの平面認識技術を使って、認識した面に色を塗ることで、スプラトゥーンのようなARが可能ではないかと考え、作ってみた。

開発環境と実行環境

開発環境と実行環境は以下の通りです。 【開発環境】 Unity ARFoundation InkPainter 【実行環境】 Android10.0(ARCore対応機)

XR開発のこれから

当社では、XR(AR、VR、MR)の研究開発を行っています。 「こんなことが実現可能かどうか知りたい」等の疑問がありましたら、気軽にお問合せください。当社の研究テーマに合致すれば、デモアプリを作成致します。 実際に、いただいたお問合せからVRプラネタリウム等の開発を行いました。 今後、XR研究開発で得た知識を、事業に反映してまいります。
作り方はこちらをクリック。