初心者を、たった3ヶ月でトップマーケターに育てる
3ヶ月以内の昇進率80%超え、月利1,000万円超えの子会社社長もインターンから任命。 一見「ありえない!」と言いたくなるようなこの目標に対してたくさんの成功例を出してきたsenjin holdingsは、何がそんなにすごいのか?今回はその秘密についてみていきます。

■マーケティングを学べる「いい会社」を見極める基準は〇〇

「なんとなくマーケティングを学んでみたい。」 ↑これ、よく会社選びで失敗する人がよく言うセリフです。
マーケティングとは「需要」と「供給」をコミュニケーションで結ぶこと。そして、マーケティングをマスターしてしまえば人生がすべてうまくいくといっても過言ではありません。
例えば恋愛。相手がどんな人が好きかを見極めて、それに自分を合わせていく。 例えば昇進。会社や上司がどんな人材を欲しているかを見極めて、それに自分を合わせていく。 例えば起業。消費者がなにを欲しているかを見極めて、それに商品を合わせていく。
世の中はマーケティングの観点でみるととってもシンプルなんです。
でもマーケティングを学ぼうとすると「一人前」と呼ばれるのに1年以上かかるのが一般的。だからてきとうにマーケティングを教えてくれる会社を選ぶと、1年後に 「あれ、人に言えるような実績なんてなにもないぞ...?」なんてことがよくおこります。
だからせっかくマーケティングに興味をもてたのなら、さらに転職先が ・どのような実績があるか? ・どこまで任せてもらえるのか? を見極めることが大切です。

■6億円で仮想通貨メディアを売却したSenjinが、あなたを3ヶ月で一流マーケターへと育てます。


Senjin Holdingsは2020年7月に6億円でSEOメディア「Coin Partner」を上場企業に売却しました。 6億円のメディア売却は2020年の中で最大規模で、大きな話題になりました。
↓当時のニュース記事 https://media-innovation.jp/2020/07/09/coin-otaku-joins-beat-holdings-limited/
トップクラスのマーケティングノウハウがあるSenjinは、 ・月200万人が訪れるSEOメディアを作り上げた経験をぜーんぶ伝授! ・東大生を中心とするメンバーが毎日つきっきりで指導! ・宿舎があるから朝から晩まで集中できる!(地方出身者も歓迎)
だからSEOを通して通常1年はかかるだろうマーケティングをたった3ヶ月でマスターできます。
中には入社初月から月に200万円以上の収益を出す人もいますし、 月1,000万円以上でてるSenjinの子会社社長に任命される人もいます。
Senjinメンバーの実際の感想を載せておきます。 ・裁量権がとにかくすごい。3社目だけど、初月から予算500万円任されるのなんて初めてでしたw ・子会社社長になってからいろんな世界の大人とあうようになり、人生が広がりました。 ・営業先でSenjinの名前を出すと「あ〜、あそこね!」と言われることがたまにあって嬉しかった。

■Senjinは若い才能が熱狂することが世界を変えていくと確信しています。社長・副社長は現役東大生、従業員の平均年齢は24.2歳。


Senjin Holdingsのミッションは「若き才能を集めてビジネスで熱狂的に世界を変える」ことで、従業員の平均年齢は24.2歳でその大半が現役の学生です。
若い私達が本気でひとつのことに打ち込めば、必ず世界が変わる。そう信じています。
部活や文化祭を思い出してください。一心不乱にみんなでひとつのことに没頭していたら、当日すごい結果を生んだことありませんか?
そのときの熱量がいまの世の中にも必要だと考えています。
ですから、経験や過去の実績は一切問いません。未経験でも入社1ヶ月目から事業責任者を任されることだってありますし、事業・会社単位で任せていきます。
その代わり、やる気のある人以外は来ないでください。 マーケティングを身につけるだけでも普通は1年、新規事業や子会社社長ともなれば10年はかかります。それを3ヶ月で任せられるレベルに育てるためには、経験はなくても激しい熱量が必須です。
ここからの人生すべてをSenjinに捧げる覚悟のある人だけ、お待ちしています。