今回は会社の取り組みについてお伝えします
~ベテラン社員と若手社員の助け合い~



弊社で働く従業員は20〜60才台と年齢層が広いです。 工事を施工する時には、2人から3人の監督同士のチームを組みます。ベテラン、中堅、若手のペアです。若手の社員は長年の現場経験を持つ監督からノウハウを学び、中堅の社員は自身のスキルを磨く。ベテランの監督もまた若手の社員から学ぶ事がたくさんあります。 今の建設業界は目まぐるしくITを使う作業内容が増えていて、現場経験を30年以上持つ社員の苦手な仕事内容はPC作業だったりします。逆に、IT環境下で学んで育ってきている20代若手社員は生活の一部となっていて得意な分野だったりするのです。ベテラン、若手のお互いの不得意の分野を補いながら共に工事を遂行して行く管理体制を整えて行く事が会社にとって大切だと思っております。
現場経験を持つという事は、工事施工管理にとって宝です。その経験、弊社でいかせてみませんか?ご応募お待ちしております!!