こんにちは、採用担当岸です。 三井ホームハウジングパートナー甲信アルプスホームのお仕事紹介、第三弾です!
営業、工事ときましたので、今回は【設計職】についてご紹介したいとおもいます。 皆様の参考になりますと幸いです!

夢を着実にカタチにするために

三井ホームの設計担当は、他の住宅メーカーの設計職とは少し違うかもしれません。
建築家がお客様とのディスカッションをもとに完成させたプランの設計品質を総合的に管理するのが、設計担当者です。 実際に工事にとりかかるために必要となる意匠図面、構造画面、設備図面などのほか、 建築確認申請に必要となる設計図や構造計算書といった申請図書などをくまなく精査し、確認します。
設計担当者は、お客様の住まいの設計図を多角的に検証することで、家づくりを施工の段階へと引き上げ、 夢を着実にカタチにしていく大切な役割を担っています。

安心・安全な暮らし継がれる家づくりを実現するために

松本支店 設計グループ 古井規之(ふるい・のりゆき)さん ★入社9年目の設計グループエースの古井さんに、インタビューしました!

01 現在の仕事内容


私の所属している設計グループの仕事は、精度の高い図面を完成させることです。 精度の高い図面といっても様々な精度があります。 作成されたプランは過ごしやすいのか、使いやすいのか、といったソフトな面。法規上、構造上、安全・安心な建物になっているか、といったハードな面。時には、営業担当や設計コンサルタント、インテリアコーディネーター、工事担当と意見を交わします。 お客様の期待を超える満足をいただくために、より良い図面を作成する要となる仕事をしています。


02 当社に決めた理由


私は、三井ホームに一目惚れして入社しました。 就職活動の中で、多くのメーカーのモデルハウスを見学し、唯一、感動を覚えたのが三井ホームでした。 モデルハウスに入った瞬間の、圧倒された感覚を今でも覚えています。 何より、自分自身が「三井ホームで家をつくりたい」という夢を持つことができました。 もう一つの理由として、社員が本当に三井ホームが好きだということを感じることができたからです。 自分の仕事に愛着を持つことで、長くやりがいをもって仕事をすることができるということを感じたからです。


03 就活時代にやってよかったこと


就職活動時代やってよかったことは、自分を見つめなおしたことです。 就職活動をはじめるにあたり、私はまず自己分析を行いました。 自分の長所や短所を考え、そして、友人や家族にも聞き、自分の考えた内容と比べて分析しました。 これを徹底的に行うことで自分自身を語れるようになりました。
企業や職種については調べて学べば、すぐに身につき、話すことはできますが、自分自身について語るには、それなりの分析が必要だと思います。 自分自身を、自信を持って語れるようになってからは、面接が全く苦になりませんでした。
就職活動をきっかけに、自分を見つめなおしたことが、これから生きていく上でも大きな財産になっています。

*     *    *    *    * 
いかがだったでしょうか。 「三井ホームで家をつくりたい」という夢を持ち入社した古井。 なんと実際に自宅を三井ホームで建てられました!(有言実行すごい!) 古井さん以外にも弊社には、三井ホームに惚れて入社し、実際に自宅を建てられる社員が数多くおります。 ((私もいつか建てたい…っ!))

設計職は、お客様の夢を描いた設計図の精度を高め、より着実にカタチにするための砦のような部署になります。 メインのお仕事は積算や見積等になりますが、 人によっては社内設計として修業を積み、ゆくゆくは独立目指してお仕事に励まれる方も多数いらっしゃいます!

もっと話を聞いてみたい方、興味のある方は、 11月20日(土)にあるマイナビ転職フェア松本でぜひ当社ブースにお越しくださいね!

もちろん求人へのご応募もお待ちしております! ご応募はこちらから♪