皆さんこんにちは!

株式会社サンケイビルウェルケア 採用担当の大坂です。 いつも当社の+Storiesをご覧いただきありがとうございます♪
今回は、

「介護士デビューをするには?」

というテーマで、全3回お届け致します!

  • 介護士ってどんな資格が必要なの?
  • やっぱり経験がないと転職って難しいの?
  • 未経験の場合の研修はどうなっているんだろう・・・

などなど、これから介護士としてデビューしたいと思っている方に、ぜひ当社の取り組みも含めてご覧いただければと思います★



第1弾のテーマはこちら!

「介護士に必要な資格は?」

■介護士に必要な資格 有料老人ホーム等の職場では、介護士として活躍するために資格は必要ありませんが、資格が無いことによって満足のいくお仕事をすることができない事が多くあります。 そこで、介護の現場で必要とされる代表的な資格をご紹介いたします!

STEP① 介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、施設形態を問わず「介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する研修」です。この資格を持つことで介護職としてのキャリアがスタートします!
資格を取得するためには、講義と演習で構成される約130時間の研修受講と、全課程修了後の修了試験に合格することが必要となります。

STEP② 介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修では、現場経験だけでは十分に修得できない知識・技術を身に付けることを目的とし、中核的な役割を果たす介護福祉士にとって必要な「介護に関連する制度」「こころとからだのしくみ」「介護技術」などを学びます。

STEP③ 介護福祉士(国家資格)

介護職で唯一の国家資格である介護福祉士。介護の専門的な知識や技術を持ちます。 試験は毎年1回、筆記試験が実施されますが、受験するには実務経験3年以上、かつ実務者研修の修了が必須条件となっています。



このように、あなたの介護士としてのキャリアに合わせて、さまざまな資格があります! 唯一の国家資格である「介護福祉士」を目指して現場での経験をつむことが目標となります!
サンケイビルウェルケアでは、「資格取得支援制度」を設けており、現場で活躍するスタッフのために会社が資格取得をサポートし、費用負担もしてもらえるので、資格が無くても安心です♪
▶サンケイビルウェルケアの研修制度を見てみる

介護士デビューに不安を感じている方でも、まずはぜひ当社の求人にご応募ください! 未経験で入社したスタッフのキャリアステップなども、お話しさせて頂きます♪

▶会社情報はこちら
▶求人情報はこちら