はい!ギュンばんわ! ゆめみ広報担当の福太郎です!
ゆめみリベラルアーツラボが半年にわたって全5回シリーズでお送りしてきた「独学の思考法」が最終回を迎えます!
最終回のゲスト講師は永井玲衣さん 哲学研究と並行して学校・企業・寺社・美術館・自治体などで哲学対話を幅広く行い、思考力の講師、哲学エッセイの連載など大活躍中の哲学者です。

全5回シリーズ『独学の思考法――【第5回】「対話的思考とは何か?――コミュニケーションの哲学入門」』produced by LiberalArts Lab


『テアイテトス』という本の中でプラトンが述べているように、思考というものは本来対話的な性格を持っています。他者との会話こそは、思考を展開させる最も重要な契機なのです。ですが、他者とのコミュニケーションは、同時に人を傷つけてしまう可能性もあります。言葉によって、人の心は容易に血を流してしまいます。そこで本講演においては、 ・「いかにして、倫理的な配慮をしながら他者とコミュニケーションを取ることができるのか?」 ・「いかに他者とのコミュニケーションを通して自らの思考の枠組みを拡張することができるのか?」 という二つの問いを軸に、ゲストの永井玲衣さんと講演を行ってまいりたいと思います。
こんな方にオススメ!

  • 他者を傷つけないようなコミュニケーションの仕方を一緒に考えたい方
  • 他者とのコミュニケーションをきっかけに、視野をどんどん広げていきたい方
  • トゲトゲした言葉遣いをせずに、鋭い議論を行えるようになりたい方



●プログラム
20:00 開会/主旨説明 20:05 講師(山野弘樹)による講演 20:35 ゲスト(永井玲衣)による講演 20:55 休憩 21:00 ゲストと講師による対談 21:15 フロアの方からの質問受付 21:30 閉会

登壇者
ゲスト ■ 永井玲衣■ (ながいれい) 哲学研究と並行して、学校・企業・寺社・美術館・自治体などで哲学対話を幅広く行っている。思考力の講師、哲学エッセイの連載なども行う。独立メディアChoose Life Projectや、坂本龍一・Gotch主催のムーブメントD2021などでも活動。著書に『水中の哲学者たち』(晶文社)。詩と植物園と念入りな散歩が好き。

ホスト ■ 山野弘樹(やまの ひろき) 1994年、東京都生まれ。2017年、上智大学文学部卒業。2019年、東京大学大学院総合文化研究科(超域文化科学専攻)修士課程修了。同年より日本学術振興会特別研究員DC1(面接免除内定)。現在、同大学院博士課程、および「東京大学共生のための国際哲学研究センター(UTCP)」リサーチ・アシスタント。専門は現代フランス哲学、および「対話的思考」の技術の開発。日本哲学会が刊行する三機関誌『哲學』(第71号)・『哲学の門』(第1号・第2号・第3号)・『Tetsugaku』(第4号)や、日仏哲学会編『フランス哲学・思想研究』(第24号・第26号)といった全国学会誌にて査読論文を掲載(『哲学の門』第1号、および『フランス哲学・思想研究』第26号にて優秀論文賞を受賞)。また、一般企業や個人事業主から要請を受け、哲学オンライン講座の企画や哲学ワークショップの設計などにも携わっている。〈哲学の知と実社会を繋ぐ〉という理念のもと、精力的にオンライン・イベントの企画やアウトリーチ活動に取り組むことで、哲学の〈意義〉と〈魅力〉を世に広く発信し続けている。


詳細&エントリーは

コチラ


あなたも哲学の世界に遊びに来ませんか?