採用担当の小松です。今回は代表の井上に、学生時代のことやGizumo創業の経緯を聞いてみました!

大学生の時はどう過ごしていましたか?

体育会系ですね。高校の時から親元を離れて野球部の寮に入っていて、大学進学後も同じように学校の近くで友人と二人暮らしをしていました。当時は今のように会社を経営するとか、投資家として企業に投資をするようになるとは想像していませんでしたね。経済とか経営とはまったく無縁の大学生です。

アルバイトの経験はありますか?

居酒屋でバイトをしていました。選んだ理由は時給が高かったからです。最初ホールのスタッフとしてバイトしていたんですが、初日にお客さんと2回喧嘩してホールを外されて厨房で揚げ物を揚げたりしていました(笑)。

なぜ投資家になろうと思ったのですか?

ある日、本屋で大学生が株で3億円を作ったという本を見つけて「これだ!」と思って買って読みました。野球のために体育大学に入ったのに野球ができなくなってしまってある種燃え尽き症候群というか無気力になっていたんですが、その本を読んで「これで3億儲けちゃったな」と思って株を始めました。
17年前の話になりますが、当時ITバブルでネット証券が乱立していたのでちょうどパソコン1台でお金儲けができる時代になっていました。居酒屋のバイト先には「オレもう3億儲けちゃったので辞めます」と言って辞めました(笑)。
小さい頃からお年玉とか、入学祝いとか、バイト代を合わせて貯金が100万円ぐらいあったのですが、それを全額株にぶっこみました。マザーズやヘラクレスという新興市場ができていて株価の乱高下がすごかったんですが、それに挑戦して2週間弱でそのお金がゼロになってしまいました。
ギャンブルに身を焦がす人の典型みたいですが、負けず嫌いなので勝つまでやめられないなと思って本格的に金融の勉強をはじめました(笑)。株で3億作ったという本を書いた大学生にできて自分にできない訳はないと。
株式のルールや株価の計算式を勉強したり、統計学を使って自分なりのトレードスタンスを固めました。そして親から300万を借りて2回目のチャレンジをしました。そこからはトレードに打ち込んで、大学を卒業する頃には証券口座に2000万以上はあるような状態になりました。親にも借金と学費を全て返すことができました。
僕がトレードから学んだこととしては、スポーツに勝ち方があるのと同様に、トレードもビジネスも勝ち方を知ったほうが勝つんだなということです。最初失った100万円はこれを知るための勉強代だったと思っています。

なぜ24歳で独立しようと思ったのですか?

大学卒業後、一度就職したのですが早々に会社を辞めてしまい、スポーツクラブでバイトをしながらトレードを続けていました。きっかけとなったのはライブドアの堀江さん、サイバーエージェントの藤田さん、KLabの真田さん等の本を読んだことですね。会社を作って社長業をやってやろうと思い立ち、自分はトレードができたので知人と3人でファンド会社を設立しました。最初の半年は運用する資金が集まらず自分がトレードして稼いでいました。
ファンドとして大きくなるきっかけはリーマンショックでした。世の中全体が不景気になって相場も大きく下げてみんなが損している中で、うちのファンドはかなりの結果を出せて知名度が一気にあがりました。
32歳ぐらいまではプレイングマネージャーとして、ファンドをメインでビジネスをしていました。シンガポールや香港に法人を作り、結果として2011-2012年と2年連続で世界的に有名なファンドの賞を受賞することができました。しかし30歳を過ぎた頃からトレーダーとしてはやりきった感を感じたことと、24時間アンテナを張ってトレードをする生活が体力的に厳しくなってきて引退を考え始めました。

VC(ベンチャーキャピタル)になった経緯を教えてください。

トレーダーをやっていて、自分のやっているその仕事は世の中の人の役に立っている仕事ではないなと感じたことが大きいです。本来の金融の役割というのは別にトレードで儲けることではなくて、世の中を潤滑に動かすことが目的だと思いますが、自分が当時やっていたのは金の奪い合いです。別の本来的な意義を求めてVCという選択肢を選びました。
やりたいことがあるけど資金力のないシード、スタートアップへ資金を投資をしたり、資金力のあるVCにつなぐための事業資金を出したりと、自分の知識、経験、資金を活かしながらこれまでの投資とは違った形で人の役に立つ方法を模索しました。
VCとしては10社以上の企業と関わりました。関わり方は企業毎に違いました。長期間関わったり、短いスパンでもコアな部分まで関わるような濃い関わり方をしたり、色々と経験しました。

Gizumo創業の経緯を教えてください。

もともと投資先だった会社のメンバーと一緒にGizumoを立ち上げました。IT業界の人材不足というのが世の中的に叫ばれて久しいですが、「教育」について言うとやはり国が主導で行なっていくか、大企業が主導で行なっていくかによるところが大きいと思います。国際的に見るとアメリカやヨーロッパを始め、お隣の韓国、なかでも先進的な事例で言うとエストニア等はプログラミング教育に非常に力を入れているじゃないですか。その中で、やはり日本というのはプログラミングを学ぶ機会そのものが乏しいという課題があります。とはいえ、2020年からやっとプログラミングの授業ができるぐらいで人材が育ちません、大企業内でもIT人材不足は同様で教育にはなかなか手を回せませんという状態で、それであればGizumoでやろうと考えたところが創業の経緯です。

次回は「求める人物像」や「会社の中長期の展望」をお聞きしていきます!