今日は しまね働く女性きらめき応援会議、島根県主催の、 「男性育休取得促進による経営戦略セミナー」のパネルディスカッション参加企業として、モルツウェルのイクメン係長の平井康平管理栄養士と専務取締役の野津昭子が登壇させて頂きました^ ^
コロナ禍の今年2月に3人目のお子さんのパパになった平井さんの、男性の育児と仕事の両立のために、個人として、チームとして、企業として、どのように準備をして、環境整備をしたのかをリアルにお話ししました。
「自分はこうしたい!」と言える社風、
さまざまな生き方の選択を認め合える社風、
固定概念をなくしてこうしたらできるかも!と柔軟な発想ができる社風。。
それを実現できる柔軟な選択肢を用意しておくこと。
社員とその家族の物心両面の幸福のために、みんなで試行錯誤しながらやってきたことをお話ししました。
現在進行形でこれからも。
社員の声