こんにちは、ウエノです。
高岡本社に学生さんたちが実習にきました。 その時だけは、水文学の先生になったような気分ですね(笑
今回は石川県立大の3年生11名と教授が大学のバスに乗って遙々高岡へ。 田園資源を活用した低炭素社会の構築について研究しているそうですよ、頼もしい。
ウエノでは、農業用水を活用した小水力エネルギーを課題とした実習でした。 まずは流量観測についての解説を当社技術スタッフから受けた後、実際に用水路の水位計測や流速計測を体験。得られたデータから流量計算(用水に流れる水の量)するという流れ。机上での理解より、実際にやってみると・・・実におもしろい! 風や障害物の影響などので実測値が変化したり、チームワークで精度が高まることにも気づかれたようです。
我々も伝えて理解を得る難しさを知り、お互い実のある時間になったのは嬉しいですね。 実際、当社の新入社員研修でも、同じような社内実習をやっています。
ではまた次回!
👉 ウエノホームページへ