■ESGについて
環境・社会・企業統治
・環境(Environment) ・社会(Social) ・ガバナンス(Governance)
の頭文字を取って作られた言葉 
近年よく注目されるワードになってきた。今日の日経新聞にも出ていたのでサマリー シンプルに言うと企業が、
・環境に配慮しているか ・社会性の高い事業しているか ・企業内においてガバナンスできているか(第三者視点である社外役員の設置など)
ESG領域の投資は加速化していて、 世界規模で見ると投資運用額としては3800兆円を超えた!
一方で、今までの買収がどれだけ利益が出ているか、 どれだけ将来可能性があるか(のれん)だったことに加えて、 このESGが評価に配られたことが大きい。
ESGスコアリングという格付け機関も出てきた。 もはや、現代ビジネスの新しいスタンダードとなるが故に新しい職種が出てくる可能性が高い。 算定された買収価格が妥当なものかどうかを法律家が判断する際、ESGの諸要素を盛り込むことも常態化しつつあるようだ。「ESGバンカー」や「ESGローヤー」が登場する日も近いのではないか。