こんにちわ! 採用担当の佐々部です。
今回は

パレット製作作業の一日の流れ

を説明させて頂きますね。
弊社の就業時間は朝8:00からです。
朝8時まではだいたい皆さん休憩室で始業時間を待ってます。
早い方は朝7時30頃に来てます。 朝早く何してるかといいますと焚き火したり談笑したりとかです。
朝、工場長からペアとなる人の指定があり、二人一組での作業となります。
大きなパレットを製作する場合は4人一組といったこともあります。
実際どのような製作かといいますと、木の板同士を釘で止めて仕上げます。
木材というのはJIS規格がありますが、かなり大雑把です。
プラスマイナス3m/mまで誤差がOKです。
鉄鋼とかだとプイラスマイナス1.2m/mまでなので倍以上違いますね。
なので、しゅうとめ遊びと称して「ここ、こんなにずれてるじゃない!」みたいなことができません。
多少ずれてても「まぁ木材だからね」といった雰囲気です。
釘はくぎ打ち機で打ちます。かなづちを使用することもありますが、釘が入りきらず釘の頭が飛び出た状態をなくすために使用するくらいですかね。
パレットは設計図面をもとに製作されます。
ベテランが設計図面をもとに型を作り、その型をもとに量産していきます。
だいたいが100枚から200枚くらいです。

休憩

休憩時間は10時00分から10時15分、12時00分から12時45分、15時00分から15時15分です。 皆さんは休憩室だったり、景色ながめたり、読書したりとさまざまです。
周囲はとても静かな環境で、とんびが「ピーヒョロロ」と飛んでる声が聞こえたりします。 夏はせみが大合唱してますね。冬はタヌキがでたり鹿が夜中に出たりするそうです。
夜中工場の警備センサーが鳴るそうで、セコムさん申し訳ないですという気持ちは常にあります。
お昼はコンビニが車で10分くらいのところにあるのですが、だいたい皆さんはお弁当ですね。

終業

お仕事が終わったらタイムカードを打って、はいお疲れさまでしたとなります。
繁忙期は残業ありますが、無理にしなくても帰れます。
年間で残業は二週間程度が2回あるかないかです。
残業時間は1時間ですので年間で10時間くらいです。
あとは家に帰って17時30分から始まるテレビでも見てるのでしょうか?
以上が一日の流れとなりますが、いかがだったでしょうか?
わかりにくいことや、聞きたいことがあればどしどし連絡下さい。
今回も長くなりましたが読んでいただきありがとうございました。
気になった方はこちら↓もチェック ★株式会社佐々部材木店のHPはこちらをクリック★


次回
社長「熊も出たら熊鍋できるな」
社長、社員食堂でジビエ料理の開発に取り組む!
※予告は実際の内容と変更になる可能性があります