こんにちは!  日鉄日立システムエンジニアリング株式会社(NHS)採用担当の原島です!
私たちNHSは、第二新卒入社の方を準キャリアと位置づけ、積極的に採用しています。手厚い教育を誇る当社では、同業界、異業界の出身を問わず、これまで多くの準キャリア入社の社員がシステムエンジニア(SE)として活躍しています。こちらの『+Stories.』では数回に分けて、当社の準キャリア入社の社員をご紹介していきます。  今回は、2018年2月入社、産業流通ソリューション事業部GRANDITソリューション部所属のH.N.さん(写真)。 新卒で某大手メーカに入社も、キャリアチェンジを行いNHSのSEに。大手から中小へ、総合職から専門職のSEへ。そんな前職とは“真逆”のキャリアを選んだ理由についてお話を聞いてみました。

開発がしたくて大手メーカに就職も…


―現在の業務について教えてください

H.N.「今は産業流通ソリューション事業部のGRANDITソリューション部というGRANDITの開発、導入を行っている部署に所属しています。GRANDITというのは、中小企業向けの基幹システムパッケージ。お客様のニーズに合わせて、業務に合わせてカスタマイズを入れていく作業をしています。 現在担当しているのは、すでにGRANDITを導入、利用されている企業に対してバージョンを上げるプロジェクトに参画しています。私の主なメインどころの作業としては、今は開発フェーズとかに入って、パートナーメンバーの進捗管理とか、私自身も開発を一部担ったりとか、お客様のデータを新しい環境に移行したりする作業を実施したりとか、ですかね」
―SEという感じがしますね!でも、前職は全然違う業界だったと聞いています

H.N.「新卒で入社した前職は製造業でした。従業員数も万単位で、全国各地や海外にも事業所、工場がある大企業でした。その中で自分は、工場の現場管理、生産管理、あとは機械の保全作業もやっていました」
―今のSEとは結構違いますね。そもそも前職を選ばれたのはなぜだったのですか

H.N.「大学の専攻が物理系。理系だったので、開発業務に行きたかったという気持ちがありました。お客様と会話をしながら、開発してお客様が望むものをつくりだしていきたいと思っていました。そういった開発に集中できる環境があるのがメーカなのかなと。 あとは、その時は英語をちょっと勉強していたこともあって、海外進出もできる仕事を考えていましたね。そうしたこともあって、世界的にも工場を進出している会社を選びました。そこに行ったんですけど、残念ながら配属が希望とは違っていて開発業務ができなくて、やりたいこととミスマッチしてしまいました」。
―ご自身がやりたいことと配属が異なっていたんですね

H.N.「そうですね。転職の一番のきっかけは、部署配属が希望通りにいかなかったことですね。地方にある配属部署で2年弱はやったんですけど、普段の業務が自分の肌に合わなかったなと。保全業務が半分くらい占めていたのですが、ニッパーとかレンチとかモンキーレンチとか持って機械を直していく作業をするという内容がミスマッチだった。生産管理のような管理系の業務は楽しかったんですが、やっぱり保全業務が性格に合わなかった。ものをつくるという、業務でかなえたい夢を実現できなかったのが転職の理由ですかね」

ものづくりへの思いとマッチしたIT業界


―転職を決意した後、なぜIT業界だったのでしょうか

H.N.「ものづくりをやりたい。「お客様が望むものを作りたい」というベースは変わっていなかったですね。ただ、転職活動の時にIT企業、SIerでも自分が思っているとこと実現できると気付き、IT業界も視野に入れて転職活動行いました」
―多くあるIT企業の中で企業をどう絞っていたのでしょうか

H.N.「考えていたのは、事業で、基幹システムに関われるかどうか、ということでした。メーカにいて多少の知識はあったので、前職の経験を生かせる事業があればと思っていました。基幹システムに関わることができたら、生産業にも貢献できるところがいいかなと思っていました。その中でさらに重視していたところとしては、IT系では私は初心者だったので研修の充実度、サポート具合は重視していましたかね。地方勤務でしたので、今みたいにリモート面接とかも主流じゃなかったので、絞って受けて、東京まで受けに行っていましたね」
―その中でNHSを選んだのは、なぜでしょうか

H.N.「第二新卒という扱いで、新卒と一緒に研修ができる。同期ができそうだなとも思いますし、かなり魅力的でした。他社は中途だとオンラインとかEラーニングでの研修が多かったので。当時は少なからず新卒で入った会社を2年弱で辞めることに、引け目も感じていたので、手厚くフォローしてくれる研修で、新しいキャリアのリスタートを切れたらなと思っていました」
―いざ、入社するとなったときにIT業界への不安はありましたか

H.N.「プログラミングは大学の研究で、古い言語でしたけど、少しだけ触っていましたね。逆を言えばそれくらいでしたので自信はそんなになかったですね。ただ、座学に関してはいいペースで進めてくれた。4か月の新人研修の最後の1か月で行う模擬プロジェクト開発では、SEがどういう仕事しているのかを実際に体験しながら学べたので、配属後のギャップはあまり感じなかったですね」
―前職には2年弱在籍したのちNHSに転職されたとお聞きしています。大企業総合職と中小専門職。どちらも違いますが、違いとして感じる部分はありますか?

H.N.「大企業はやっぱり人とのかかわりが少ないなと個人的には感じました。社長や幹部、部長など、上の人たちと関わることがそんなにない。ですので、入りたての会社員として、経営とか採用に関わることがほとんどなかったですね。NHSだと、社長と話す機会もあるし、経営に関する話も聞くことができるのは魅力だと思います」
―学生向けのインターンシップや新人研修では講師役を担当されていますね

H.N.「そうですね。会社の採用や新人の研修・教育に関わることも良いかなと思っている。採用のイベントや新人研修では講師役を任せてもらえたりしますし。自分の作業だけじゃなくて、自分がこの会社の一員なんだなという実感が味わえるなと思います」

「やっていたことは無駄ではなかった」


―今の仕事でのモチベーションはどのようなものがありますか

H.N.「徐々に管理側にシフトしていき、任される裁量も大きくなってきています。案件を無事に完遂させられるように、経験を積んで見積もりや計画の精度上げていきたいですね。後は個人としてもスキルアップで開発SEとしてのレベルを上げていくことを目指していきたいと思っています」
―やりがい、達成感を感じる瞬間はありますか?

H.N.「一つは自分の計画通りに案件進められたり、納期に間に合ったりしたときとかですね。そして、上司にしっかりと認めてもらったとき。まだ機会は少ないですけどが、お客様から直接『助かったよ、ありがとう』みたいに感謝を伝えてもらったとき、一緒に作業している協力会社さんの方に頼っていただけたとき。自分が今までやってきたことは無駄じゃなかったんだと思えるときは、やりがいを感じますね」
―最後に、転職してよかったとふと思う日常の瞬間はありますか?

H.N.「東京勤務になったので、会社帰りに気軽に遊びに行くことができるようになりましたね。前は地方だったので、車出して飲みに行ったら代行で帰らないといけなかったので(笑)。 あとは生まれも育ちも関東なので、帰ってこれたことも大きかったかなと。 趣味でいえば、ビリヤードも転職後、古くからの友人に誘われて始めましたし、卓球も所属していたクラブチームにまた戻れたので、友人とともに趣味に打ち込める点も転職して良かったなと感じる部分ですね」