ダイセンのプラント工事では溶接など鉄骨の加工作業が頻発します。
溶接といえばアーク溶接(溶接棒を使って火花がバチバチとぶ)が一般的ですが、最近は火災の危険性や仕上がりの美観などからTIG溶接(アルゴンガスを使うのでアルゴン溶接とも)を使う場面が増えています。
溶接作業は原理は単純ですが、板の厚みや角度、スピード、熱による変形など知識と経験がポイントです。だから習得する過程が面白い。
工場では実際の作業を通じて先輩や職人さんからその技術を学ぶことができます。技能に応じて外部での勉強会への参加も支援していますので、就職した際にはぜひ勉強会へ参加してみましょう。
現場で活躍するあなたを私たちもお客様も待っています。