Gizumoの小松です! みなさまにGizumoのことをさらに知っていただきたいと思い、メンバーのインタビューを行っています。
今回は、取締役COOの『安藤』にお話をお聞きしました!
教育、開発、DX支援など、幅広い事業に携わっている安藤さんですが、実はGizumoで研修を受けてエンジニアになり、教育部マネージャーを経てCOOに就任しました。エンジニア教育のこだわりや、会社のこれからについてなどをお聞きしました。

🌿🌿🌿

Gizumoのエンジニア教育のこだわりを教えてください。

『言語化すること』に関しては、他社やプログラミングスクールと比較してもかなり重視しています。Gizumoに入社して研修をスタートした人は「プログラミングを勉強しに来たのにすごく喋らされるな」と感じると思います(笑)。でもその『言語化する』というワンステップが、コードや処理の本質的な理解に繋がると考えています。
エンジニアの仕事って黒い画面に向かって寡黙に作業しているようなイメージを持っている人もいるかもしれません。ただ実際の開発現場にいるエンジニアって、コードについて議論したり実装したところを説明し合ったりするようなアウトプットの時間が非常に多いです。プロジェクト先に出てからも活躍できるエンジニアになってほしいので、研修の段階で言語化能力は身につけていただいています。

Gizumoのエンジニアにはどんな姿を目指してほしいですか?

それぞれの目標に向かって進んでいってほしいです。
エンジニアのキャリアパスって、「技術を身に着けた後はリーダーやマネージャーをやって、上流工程を目指すのが近道」みたいに考える人もいるかもしれません。でも決められた道筋はなくて、例えば技術だけを伸ばしていく道なんかもありだと思うんです。技術のプロフェッショナルとか、テックリードとかCTOとかを目指していくのもすごくいいと思うし、AIとか最新技術の研究開発をしていく道もあると思うし、人それぞれやりたいことに向かっていってほしいです。そしてそれをサポートできるような体勢をGizumoの中にどんどん作っていきたいと思っています。

今後Gizumoをどんな会社にしていきたいですか?

もともとGizumoではエンジニアの育成と輩出をメインに事業を展開してきましたが、今後は1つの柱だけではなく複数の柱を立ち上げて強固なものにしていく必要があると思っています。
Gizumoは『人の未来を創る』『ITによって世の中の課題を解決する』という価値観を掲げているので、開発やソリューション提供、IT活用などのDX支援、教育事業など、IT分野で社会の課題解決ができる規模を拡大していけるような体制を整えていきます。

転職を考えている人に一言お願いします!

自分がどんなことをやっていきたいのか、どんなときにやりがいを感じるのか、どういうキャリアを今後歩んでいきたいのか、ということを自問自答して認識するところがスタートだと思います。
自分の思い描く理想が明確であれば、目標に向かって何ができるかは自然に見えてきます。
これから新しくエンジニアを目指す方も、経験を武器に転職しようと思っているエンジニアの方も、まずは自分がどうなりたいのか教えてください。自分の思いを持ってGizumoの面談に来てみてください。まだ目標が明確でない方は、面談で話して一緒に考えましょう。
お話する中で私たちの目指しているところと重なる部分があれば、是非Gizumoの一員として一緒に良い未来をつくっていけたらと思います。

🌿🌿🌿

安藤さんは採用面接も担当しているため、本選考に進んでいただいた際は実際にお話していただく方も多いです。会社について気になっていることや自分のキャリアで悩んでいることなど、この機会に是非ご相談いただけたらと思います。
技術を極めたい方だけでなく、教育や経営に興味がある方も大歓迎です! 未経験のことにも前向きに挑戦できる方が活躍しやすい環境ですので、まずは面談や面接で皆さんの熱い思いを聞かせていただけると嬉しいです!

株式会社Gizumo 東京都渋谷区渋谷3-28-15 渋谷S.野口Bldg.7階 http://careers.gizumo-inc.jp