株式会社Qukuriのストーリーズ

記事一覧

スプラトゥーン的なARで部屋を塗ってみた

まずは動画を見てください。 ARCoreの平面認識技術を使って、認識した面に色を塗ることで、スプラトゥーンのようなARが可能ではないかと考え、作ってみた。 開発環境と実行環境 開発環境と実行環境は以下の通りです。 【開発環境】 Unity ARFoundation InkPainter 【実行環境】 Android10.0(AR

月次決算の公表で経営を透明化する

どうも。尾嵜(おざき)です。 当社の取り組みについて紹介いたします。 月次の定例会で月次決算を公表 当社では、月に1回のWeb定例会で月次決算を公表しています。 正確には、定例会の前にWeb上に社員だけが見れるようにして掲出しています。 定例会では、直近の月で特別な収入や支出があったところだけを説明しています。 たとえば、「技術書籍を◯冊購入した」とか「助成金で◯円の収入があった」等です。 以

たま駅長に会いに行く

どうも。尾嵜(おざき)です。 この頃、休みの日も何かしら仕事のことを考えていることが多く、あまり休めていないので、なんか「休日を企画」しようと思った。 そこで選んだのは「たま駅長」。 選んだ理由はシンプル。 田舎好き × ねこ好き × 電車好き = たま駅長 わかやま電鉄貴志川線のデコレーションされた車両に乗って、車窓に流れる田舎の景色を満喫しながら、たま駅長に会いに行く。完璧なプラン。 自宅

社員の声から社内規定【夏季休暇】が追加された

お疲れ様です。 本日は、社員の声から社内規定が追加されたことについて紹介いたします。 オンラインミーティングで 弊社では月に1度に自由参加のオンラインミーティングを行っています。 1ヶ月の収支報告や、営業活動の報告を行います。 報告のあと、参加者から現場で困っていることや、質問等を聞きます。 「夏季休暇」は無いのか?もミーティング時に出た質問です。 その場ですぐに相談 弊社はまだ起業した

代表メッセージ

はじめに システム開発会社「Qukuri(くくり)」の代表取締役 尾嵜聡(おざきさとし)です。 Qukuriは2020年に営業を開始した会社です。人と人との縁を大切にすることを謳い、お客様や従業員との信頼関係を築いていけるよう、日々努力しています。 製造業向けの生産管理システムや、社会インフラを担う企業の基幹システム、物流企業向けのシステム等を開発してまいりました。AR等のアプリケーション開

オンラインもくもく会の憂鬱

こんにちは。Qukuriの尾嵜(おざき)です。 今日は、試行錯誤の中でなくなった社内イベントについて書かせていただきます。 コロナ禍で難しくなった勉強会 以前勤めていた会社で、ARやVRの勉強会、ブレインストーミングでの意見出し等を 積極的に主催していました。 会社を立ち上げた後も、同じようにイベントを開催しようと考えていました。 ところが、営業開始とともにコロナウイルス感染症がやってきて、エ

年賀状ARから始まった勉強会

2020年1月、当社は従業員と取引先にWebARの年賀状を送った。 年賀状の表面にあるQRコードを読み込むと年賀状の絵柄が動き出す仕掛けだった。 【つかったもの】 A-Frame AR.js Blender(3Dオブジェクト作成) Premiere Pro(GIFアニメーション作成) 12月10日ごろに思い立って急いで作ったので、いろいろ妥協はした。 反響 お送りした取引先の一部から、おも

餃子は悪魔

私にはどうしても勝てないものがある。 それは、餃子を食べたいと言う欲求だ。 ひとたび餃子の気分になってしまったら、もはや餃子以外のものが目に入らないと言っても過言ではない。 王将はどこだ、満州はどこだと探し回る。 仕事のグチ、仲間との懇親、起業の相談、税理士事務所の帰り道… いつもそばにあったのは餃子だった。 去年ぐらいまでは、もうひとりの役員と話し合うときにもよく餃子をたべていた。 最近は

オンラインブレスト

今日は、当社で意見を発散する時のやり方をご紹介します。 コロナ禍の会議は難しい 当社は2020年1月に事業を開始したので、ほぼコロナウイルス感染症と同じ時期に生まれました。 最初はみんなで集まってワイワイと意見を出し合えたらいいなーなんて考えていましたが、SESの会社で意見を出し合うためにわざわざ集まるのはどうなの?と言う風潮になってしまいました。 で、ミーティング・会議の類はみんなオンライン

家と在宅仕事と子供

Qukuri社員煽り担当Mです。 2020年4月から在宅ワークを初めて、1年半が過ぎようとしています。 私が1年半の在宅業務での小話をさせて頂きます。 会議中にシャウト リビングで仕事をしているので会議する時は、ヘッドセットをつけています。 会議の内容が外部に漏れるのを防ぐだけでなく、自身も外部の音をシャットアウトできます。 逆を言うと外部から普通の音量の音は聞こえない状態です。 ある日の

社内インフラ #2

皆さんこんにちは。 今回も引き続き社内インフラを紹介させていただきます。 (前回が気になる方ははコチラをごらんください) 勤怠管理 マネーフォワードクラウド勤怠を利用しています。 毎日の勤怠はもちろん、休暇申請などにも利用しています。 PCはブラウザから、スマホからはアプリからアク

社内インフラ #1

皆さんこんにちは。 今回は社内インフラの1つを紹介させていただきます。 メール Google Workspace(旧Gsuite)を利用しています。 使い慣れたGmailをすぐに使えるのが魅力ですね! チャット Google Chatを利用しています。 過去にはYammer、Chatwork、Slack、Workplaceなど試してきましたが、Chatに落ち着きました。(今のところ)

ARであれっぽいやつをつくってみた

ARCoreでアプリをつくる 当社では、以前から勉強会と称して一部のメンバーがARのアプリを作っている。 今回はその中の1つ「SuperSatoshi」をご紹介します。 あまり大々的に言うと京都の某ゲーム会社からお叱りを受けそうなのですが、ヒゲのキャラクターが跳んだり走ったりするアレのパロディARです。 主人公はSatoshi。 ARCoreが地面や机を認識して、その上で跳んだり走ったりします

転職の思い出1 ゴリゴリ体育会系のシステム会社

最初の違和感 予感は確かにあった。 ウェブサイトのトップページの作りが古臭い。 100人はいただろうか。全員がガッツポーズをしている。 それを斜め上から写した構図。中央付近に社長の姿がある。 言葉には言い表せない、漠然とした不安があった。 それでもたかがウェブサイト。 考えすぎだと思って、仕事に打ち込むことにした。 なにせ拾ってくれた会社だ。 早めに結果を出して、自分の居場所にしたいと思って

1on1 「最高のSES」を実現するエンジン

1on1はもともとランチミーティング 元々は各現場の近くでランチミーティングをやっていた。 ところが、コロナウイルス感染症の影響で現場まで行くとか、食事するとかが難しくなってあらためてオンライン1on1を制度として導入した。 ランチミーティングより手軽に実施できるし、現場近くの飲食店より本音を話しやすいと言うメリットがあった。 雑談と愚痴と将来のこと 話す内容はまずは雑談から。 何食べたと

Qukuri流コミュニケーションのとり方

SES事業をやっていると、エンジニアは客先に常駐するので、同じ会社に所属しながらコミュニケーションを取るのが難しい。 そこで、当社ではコミュニケーションを取るためにいくつか工夫している。 今日はそれをご紹介します。 GoogleChat GoogleChatは、昔ハングアウトと呼ばれていたチャットツール。 LINEやFacebook Messengerのようなものです。 このGoogleCha

役員紹介 #2

皆さんこんにちは。 本日も役員の紹介をさせていただきます。 名前 穴澤(あなざわ)です。 電話ではよく「ハナザワさん」とか「カナザワさん」と間違われがちです。 経歴 2000年:京セラコミュニケーションシステム株式会社入社 2003年:フリーランス 2014年:株式会社トラスト入社 2019年:株式会社Qukuri設立 学生時代の部活 小学校:サッカー 中学校:

お役立ち?道具 役員紹介 #1 おざき

自己紹介です。 こんなやつが会社を運営しています。 名前 尾嵜 聡(おざきさとし)です。 「嵜」を間違わずに書いてもらえた覚えがありません。 小嵜、尾奇、尾寄、大槻、岡嵜といろんなパターンで間違われます。 名字ややこしいんで、ひらがなで書いてくださいと言ってます。 生まれ 1977年3月 新井貴浩さん世代です。追い込まれてからの外の変化球は苦手です。 小田幸平さんと同じ誕生日、松田直樹さん

おさるさんの置き物

出会い 事務所を移転した時に、以前在籍していた会社の社長から、お祝いをしてくれると連絡が来た。 コロナの影響で、本町駅直結のオサレで高いレンタルオフィスから古くて安い部屋に移転した。あまり祝ってもらうようなものではないと一度はお断りしたが、それでも事務所を構えたのはめでたいからと言っていただき、来てもらうことになった。 少し気が引けるなぁと思いながら到着を待った。 予定より少し遅れて社長到着

志望動機なんか聞かないよ!

当社は面接の時に志望動機を聞きません。 私も志望動機を考えた経験があります。 たくさんの候補を並べて、ここ良さそうかな?と思う会社の理念や業績にあわせてそれっぽいことを言ってきました。 理念に共感しました! やる気は誰にも負けません! 御社の一翼を担います! 率直に言います。 いる?それ。 上手にまとまっていたら、ほう!と思いますが、それだけです。 そんな文章を考えてる時間がもったいない。

「最高のSES」とはこれだ!

当社では、キャッチフレーズに「最高のSES」と言う言葉を使っています。 現在のメイン事業であるSESがどうしても世の中で嫌われている傾向にあるので、 エンジニアにとって不都合なSESを少しでもなくしていこうと活動しています。 「最高のSES」の取組み 今やっていることは、以下の7項目です。 エンジニアの声を取り入れて動いているので、今後さらに増えていくと思います。 給与 多重下請けに頼

縁をくくれ! -社名の由来-

ご挨拶 はじめまして。株式会社qukuri(くくり)、尾嵜(おざき)です。 初+Stories.です。 まずは社名の由来を書かせていただきます。 社名は理念由来 会社を作る時、最初にあったのは想いだけでした。 なのでまず、社名より先に理念・基本スタンスを決めました。 話せば2時間かかる上、悪態をついたり泣いたりしますので、簡潔にお伝えします。 「人に寄り添う」と言う事です。 お客様にも、

+Storiesとは?+Storiesとは?