株式会社建設プロジェクトセンターのストーリーズ

記事一覧

【業務内容】基礎調査(傾崩調査)②

保護猫(キジトラ)と暮らすおじさまKです。 前回の続きです。 具体的には土石流やがけ崩れ(急傾斜地の崩壊)による被害の可能性があるところを現地で調査し、結果を取りまとめる仕事です。最終的には都道府県知事がこれを基に土砂災害警戒区域の指定(土砂災害のおそれがある区域)、土砂災害特別警戒区域の指定(建築物に損壊が生じ、住民等の生命又は身体に 著しい危害が生じるおそれがある区域)を行い、ハザードマップ等

【業務内容】基礎調査(傾崩調査)①

保護猫(キジトラ)と暮らすおじさまKです。 芦北に行ったら太刀魚丼を食べます。ダ・ロープ亭の牛肉も忘れられません。 ここ数年の大雨とか豪雨とか、ものすごいですね。それによる災害も大規模となり、いままでは考えられなかった箇所で様々な災害が発生しています。 そこで、土砂災害防止法「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」という法律があります。ざっくり書くと、がけ崩れや土石流、地す

【業務内容】研修期間を終えて

はじめまして! 新入社員 技術部の春日です。 今回は入社3か月の間に学んだ図面の描き方,CADの使い方についてお話します。 橋梁補修業務の一環で一般図,損傷図,補修図面の作成をしました。これらの図面は現地でのスケッチをもとに作成するため、正確なデータを測定してくることが重要になります。 図面作成上の注意点としては土木製図基準に則って書くこと,県の製図基準に則って書くこと,が挙げられます。レイヤや描

【staffの社外研修】

建プロでは、パートタイムで働く方々をstaffと呼んでいます。 これは、パートのおばちゃんではなくワンチームとして業務に取り組む時に、なくてはならない存在の方々なので、技術staff・総務staffと呼んでいます。 日常会話ではstaffと呼びかけるとみんな振り向くので、ニックネームで呼んでます…。 そんな技術staffは橋梁点検の一般図や損傷図、補修設計などのCAD図作成をメインに作業されていま

+Stories さぼりすぎてて…

本日は、マイナビのTさんと久しぶりの打合せでした。 「やります、本当にやります!!」で、やらない建プロの人達(笑) 今回はちゃんとやりますよ!!🙄 建プロの日常や最近の業務内容をドンドン出していきますね♪ インスタもやってますので、そちらも覗いてみて頂けたら嬉しいです。 本日のピックアップはこの方!! 佐々木専務。70歳を超えてから奥様に愛妻弁当を作って頂いてることは知っていたんですが、毎日お弁当

たまーに褒められちゃいます(笑)

入社1年目の米山です。どうにか1年が経ちそうです。。。 昨年の夏には、現場で採取したコアを車まで運ぶにもヒョロヒョロで、 笑われてましたが。先日の現場調査で、安全確認や調査状況を見ていた 先輩に「成長した!!」っと褒めてもらえました!! アメとムチではありますが、褒められると素直に嬉しいです。 ちょっとした事ですが、褒めらえると後からニヤっとしちゃいます。 3月繁忙期も残すところ4週間。頑張っちゃ

社員紹介【昨年マイナビより縁あって入社しました】

写真中央で熱唱しているのは,昨年マイナビより入社された田口兄さんです。 忘年会では景品をかけたゲームで、おもちゃのマイクで熱唱です(笑) 3月1日で丸1年となり、得意分野の地質業務などで頑張っています!! メールに関するウイルス感染が、最近頻発していますが、そちらの対応にも 力を発揮していただいてます!!つまり、引っ張りダコの兄さんです。

煮詰まった時はモグモグTime☆

1月から3月は業務の繁忙期となっており、この3ヶ月間は土曜日も出勤になります。 そんな忙しい時に、誰かの一声で「あみだくじ」が発令されます。 買い出し担当や、片付け担当者、支払い担当など、その時々で決められちゃいます。 この日は、モグモグTimeにみんなで、提案書のレイアクトなどについて、意見を 出し合いました。アイスをモグモグするのに両手がふさがった子に、優しく提案書を 見せてあげている50代の

社内紹介

おはようございます。 昨日のカーリングはお見事でしたね!!! 『笑う門には福来る』ですね。 明日の決勝は見逃せません☆★☆ さてさて、会社の増築工事も終盤です。。。 増築部分の壁が壊され、北風ビュービュー状態です(笑) そして、私の隣の席には、社長が工事によって追い出されたので、 並んで仕事しています(汗) 3月に入ったら、引っ越し前の準備をスタートしますので また、ご報告します!

【業務内容】橋梁点検 〜石橋〜

技術部の佐々木でございます。 50年前に重工業会社に入社し、大型鋼橋や水門の製造に従事しました。 60歳の時とき、建設部門の技術士資格を取得し、ただいま建設コンサルタントの 修行中です。 本日紹介するのは、石橋の実荷重試験です。 センサーとして加速度計を使って行います。熊本地震後に上半分を取り壊して、 積み直しの補修工事が行われました。 車両通行の安全性確認のため、総重量20tonのダンプトラック

じゃんけんポン!!じゃないですよ☆★☆

入社13年目 技術部の中村です。 37歳、2人の子持ちの父親として頑張っています!! 写真はKY活動の状況です。 危険のK、予知のY、活動の Kをとって KYK、訓練のTをとってKYT などと呼んでいます。 職場や作業の状況の中に潜む危険要因を予知、予測し その日の作業開始前に、作業手順や行動・動作の中に危険と思われる 事をテーマとして示します。 安全で確実な点検計画を事前に充分検討することが重要

【業務内容】橋梁点検

技術部 米山です。 橋梁点検の寸法計測についてです。 写真は、縦断勾配を計測している状況です。 橋といっても、各部材に名前があって、部材の名称を覚えておかないと 寸法計測ができませんし、計測ミスにもつながってしまいます。 計測後はCAD作業になりますが、現地で手書きの図面が描ける。 且つ、他の人が見てもわかるレベルで調査書に記載することが大事だと 先輩から教わっています!! また、現地調査では橋梁

社内紹介

初めまして、入社18年目・総務部の馬場です。 私は社内の事を少しお話ししていきます。 建プロは社員数20名程度の小規模な会社ですが、 年代問わず、コミュニケーションが取りやすい職場です。 社屋1階は応接室、休憩室、総務となっており、 2階部分が、技術部の作業スペースです。 社屋とは別に【蔵】と呼んでいる多目的スペースが離れにあります。 蔵では、社内のイベント事を行ったり、勉強会や打合せを行います。

本日,増築社屋の棟上げ!!

本日,快晴!! 熊本地震後の改修工事,勉強会やコミュニケーションの場としてなど、 多目的に利用している【蔵】の工事、そして今回の増築工事には同じ大工さん達が 関わって頂いています。 朝から威勢の良い笑い声と共に、棟上げスタートです!!

【業務内容】橋梁点検(初めて任される現場です)

技術部 米山です。 私は昨年の4月に入社した新米,米山です。 今回は橋梁点検業務について紹介したいと思います。 橋梁点業務は5年に1回「近接目視点検」を行いますが, 点検で損傷が顕著な橋の補修補強設計を行います。 昨年は,先輩について調査設計を行っていましたが,今回の 業務は私のデビュー戦です!! 業務の流れとしては,まず,現地で損傷箇所に,損傷状況をチョーキング し,損傷箇所を写真で撮ったり,事

【業務内容】橋梁点検 

初めまして,入社9ヶ月の新米「米山です」 昨年4月に建プロに入社しました!! 右も左もわからず駆け抜けた2021年(笑) 先輩について道なみ道を進んだ現場調査もありました。。。 そんな私が橋梁点検業務について,少しづつアップして行きますので 見て頂けたら嬉しいです☆

今夜は,今年初の満月

1月4日に仕事始めて,あっという間に2週間が経ち,仕事帰りに 夜空を見上げると,満月🌕.今年【初】満月らしいです... 今日は朝から冷え込みが厳しく,社内の暖房もMAXで稼働でしたが, こんな寒い日は,社内のストーブでお芋を焼いたりできる楽しみもあります♪♪♪ また,年始の4日は代表が「みんなの健康を願って,お抹茶」を点てくれます! 作法はおて置いて,楽しく頂きます!!美味しい物には目がないメンバ

若手のスキルアップへの取組

令和3年11月6日にホテル熊本テルサにて、熊本県測量設計コンサルタンツ主催の「第16回技術発表会」に参加させて頂きました。弊社からは、入社間もない若手が発表しました。7月から少しづつ先輩やベテランのフォローを受けながら準備を行っていました。当日は緊張していましたが、自身のスキルアップとして良い機会となったようです。

野外活動部を紹介

建プロでは各部活動の活動がありますが、今回は「野外活動部」の活動を紹介します。 活動内容は自由、活動費は会社から出して頂けるという嬉しい制度です♪ 今回の野外活動は【釣り】でした。朝の3時半に自宅を出発して集合場所に~。結果は、まずまずの様でした!

嬉し*懐かし*沖縄研修2019

長く続いた宣言が全て解除になりましたね。ストップしていた行事が動き出したようで、 会社近くの小学校に運動会の旗が準備してあったり、朝の出勤時に学生を見かける様になりました!!これは、2年前に行った沖縄研修の写真ですが、また自由に全国へ行き来できる日を楽しみに…。次の研修先を考えます!!

webインターンシップ

本日は、月に1度開催しています。新卒向けのインターンシップ日でした。コロナ禍でなかなか、対面でのインターン受け入れが難しい状況ではありますが、可能な限り要望にお応え出来る形で実施しております。中途の方にも会社説明等行っておりますので、気になられる方はご相談下さい!!

社内研修への取組

地域の方々が安心・安全に道や橋を使って生活して頂けるように,日々勉強です!!! この日は「技術の伝承」として熟練技術者が講師となり,社内研修を行いました. 幅広い分野の専門家(先輩方)の長年の経験を惜しみなく,若手に伝えてくれる環境 に感謝です!!

建プロのお仕事【地質編】

地質って何?? その土地の形状を明らかにするために行われる調査のことです. 地質,土質,地下水,などその形状,地質,量などを明らかにします. 設計に先立って地盤調査をしますが,その主な調査がボーリング調査です. ボーリング調査によて地層の構成や地盤の特性を調べます. 「地球のお医者さん」とも呼ばれていますね. 地質調査の作業はムキムキマッチョの男性が行うイメージがあるかと思いますが, 近年では,女

建プロのお仕事編

おはようございます.9月に入り朝晩は過ごしやすく,気持ちがいいですね♪ さて,建設プロジェクトセンター(建プロ)は1989年の設立以来,総合建設コンサルタントとして数多くの道路や橋梁,河川・堤防などの設計やメンテナンスに関わってきました. +Storiesではそんな建プロの日常をご紹介していきます. 写真正面が社屋で通常15名程度の社員とstaffが働いてます.写真右側に写っている【蔵】は多目的に

はじめまして!!

はじめまして ㈱建設プロジェクトセンターです. 熊本県内を中⼼とした公共事業に係る ⼟⽊分野の調査・計画・設計・測量業務等の仕事を行っています. これから+storiesでは業務内容、1日のスケジュール、職場の様子etc...日常のあれこれを公開していきますのでよろしくお願い致します。 会社のHPもございますので是非ご覧になって下さい。 HPはこちら建プロHP

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける