記事一覧

手に確実な職を身につける ~安心できる生活を作るために~

取締役営業部長兼採用担当 石井です。 転職をお考えの皆様、大変ご苦労様です。 実は私も2回転職し、今の会社におります。 最初は外航船の船員でした。 航海士です。 その後今の会社に転職し、9か月過ぎたころに 海上土木の会社に出向になりました。 現場で作業員と働きながらいろいろとやってきました。 3年後に造船所に戻り、現在に至ります。 30歳でした。 転職は大変です。 まず、自分の持っている技術がその

巡視船修理後のお別れ

営業部長 石井です。 海上保安庁の船は年に数回きて、 車でいう車検を行います。 多くの船はウオ-タ-ジェット推進装置で動き、 エンジン馬力も1万馬力といった、ちょっと考えられない大きさです。 数十日の整備期間中、船体、機関、電気、通信 といった各部の整備を行います。 大変な仕事ですが、最後出航するときは、 やっと終わったかという安堵と、 達成感があります。 仕事ですので骨の折れることもありますが、

社員旅行 沖縄編

首里城が消失する前に社員旅行で沖縄に行きました。 肉食べ放題だったような・・・・ 2泊3日の工程ですが、結構楽しんだのを覚えています。 10万以上はかかったと思いますが、費用はすべて会社持ちでした。 年寄りはあちこち行ってますので感動が薄いかもしれませんが 若い人たちはよかったと思います。 社員旅行くらい行かなきゃやってられないですよ。 1日フリ-の日があり、ゴルフ行ったり、ダイビングや ツ-リン

電線を敷設する。

新たな押し釦が欲しい…との船員さんからの要望で電線を”敷設”します。 電線を引っ張る!とか、電線を張るとかいう言葉もあるかと思いますが 新たに電線を引く作業を敷設作業と言います。 新たな押し釦を、どうしたら使いやすいか?など想像しながら提案して場所を決めていきます。 想像・創造することは楽しいと思います。 では、マタ(^^)/

甲板の穴あき修復

錆の影響で船のデッキに穴が空いていました。 船にとって錆は天敵です。 錆を放置してしまうと、鉄板が薄くなり 最終的に穴が空いてしまいます。 穴の空いた部分の周りの錆を綺麗に落とし 新しい鉄板を溶接するのですが、薄くなってしまっている鉄板に溶接はできません。 溶接の熱で薄い鉄板が溶けてしまうからです。 なので、骨組みの上や板の厚い部分を見つけて溶接をします。 錆の腐食の強さは物凄いものだなと改めて実

仕事の後の仕事? 

私たちの仕事はだいたい6時には終わります。 仕事って40年以上続けるじゃないですか。 その間もしすべて夜夜中まで仕事だったら 会社辞めた後、何がのこりますか? 何も残りませんよ。 人間仕事だけでは持ちませんよ。 私の場合、剣道をやってますけど、 会社が6時に終わるので、週3回 子供に剣道教えてます。 剣道と言わずスポ-ツを続けるには 会社の終業時間が遅いとできません。 その点、もう20年にわたって

仕事終わったら犬の散歩

午後6時に仕事終わるので、家に帰り 30分ほど犬の散歩をする。 これ毎日の日課。 近所は結構犬が多く、夕方はずいぶんすれ違う。 娘は東京で働いており、 毎日9時過ぎまで事務所らしい。 娘が帰ってきたとき 夕方犬の散歩ができるのが 豊かな生活の最低限の条件だと。 私はクリアしているらしい。

船は真っすぐ進んで曲がるもの…だけではナイ!

港を出港して荷物や人を乗せて目的地へ運ぶ…だけが船ではありません。 海洋調査や海底ケーブルの交換など洋上での作業を主体とした船もあります。 そんな船舶に必要な設備がDPS(Dynamic Positioning System)と呼ばれる機械です。 ※日本語では”自動船位保持装置”( ゚Д゚)…文字通り自動で船を動かして保持もします。 本装置の調整運転も当社で行います。 画像にあるのは船の航跡(通っ

船の進水式 感動とほっとする瞬間

年間2隻ほど船を建造するので進水式が あります。 あ~疲れたと思うか、 ここまで来たぞと思うか 人によって様々です。 しかし造船所の魅力は 完成物を見ることなく黙々と働く職場に比べ 自分の汗を流した製品に、引き渡しまで かかわることです。 もちろん所得も大事、 その上のことですが、 人間まずは所得 次は人間関係 職場環境(暑い寒いは自然のためご勘弁) そして自分のやりがいや立場があるんじゃないかと

働くとはどういうことか 転職を考える方々へ

一体人は何のために働くのだろうか? もちろん日々の生計を立てるために働く。 これが一番です。 しかし人間それほど単純ではなく、多くの欲があります。 職場の人間関係や、仕事のやりがい、賃金が関係します。 社会に出て、ある仕事について、 「俺、ここでいいのかな?」と考えがよぎることがあります。 人間社会経験を積むと何のためにここにいるのか考える時があります。 こんな環境に俺はいる人間ではない。 きっと

調整運転中の作業船です 

あいかわらず自動運転装置の調整が続いています。 今日で5日目です。 船の中で関係者は缶詰です。 主機関2台、スラスタ-3台、舵2枚、可変ピッチプロペラ2基 これらの統合的な制御を行うための電気的調整です。 なかなかてこずっています。 それでも海は素晴らしいですよ。

船体 保護亜鉛の交換

船が上がったらまず亜鉛板を外します。 亜鉛板は、船が腐食してしまわないようにする為のものです。 これを付けておくことで、亜鉛板が身代わりになってくれます。 塗装屋さんが船体を綺麗に洗浄し、 船を塗装したら新しい亜鉛板を取り付けます。 普段は水面の下にあって、見ることができませんが船が上がってみると発見があります。

お昼ごはん(仕出し弁当)

朝、会社に来てから、仕出し弁当を頼むことができます。 おかずと白米で、1食350円、3ヶ月に1回業者さんが変わって380円です。 お味噌汁は会社のまかないさんが作ってくれます。 家からお弁当を持ってきて、味噌汁だけ飲んでもオッケー。 夏はらっきょうが出たり、メロンや梨がデザートに出たり、冬はみかんが置いてあったりして、ささやかな楽しみです。 写真は今日頼んだお弁当の中身。 当たりハズレは私の感覚で

船の姿~陸に上がると 船には個性がある

船は海に浮いてます。 つまり下半分は見えません。 陸に上がるとこんな姿です。 海水に鉄の船が浮いていますと 錆びます。 そして貝殻や海洋生物が付着します。 赤い船底塗料は、カキや海藻がつかないための塗料。 その下には錆止め塗料が塗装してあります。 年間150隻くらい修理しますが それぞれの形があって面白い。 それぞれ個性があるので飽きません。

バックホウ船建造中

港はいたるところにありますね。 港って結構泥で埋まります。 そのようなところを専門に掘る船が あります。 バックホウが台船に乗っていまして 船体から杭を海底に打ち込んで固定します。 私たちの会社の仕事はいろいろで こんな船の建造もやってます。 写真はおおよそ船体が鉄板で組み終わったので 溶接作業を行っているところ。 自分が携わった船が海に出ていくのは 働いた結果が形に残ります。 自分が会社を辞めた

DPS(船舶自動定点保持装置)の調整 電気中島課長頑張る

昨日と一昨日、昨年建造したオフショア船のDPS(自動定点保持装置)の調整に乗船しました。 久しぶりの乗船。年のせいかやや疲れが出ました。 もしかしたら前日のゴルフの練習のせいかもしれませんが。 この船はCPU、つまりプログラムで自動運転 (ちょっと違うのですが)できる頭脳を2台搭載しています。 写真のとおり同じものがあります。 要はバックアップですね。 簡単に言うと。 congsburgというノル

土曜の昼飯

昼です。 腹が減りました。 仕事になりませんので昼飯にします。 食事は会社で弁当をとっているのでここで食べる人。 その他近所の食堂やコンビニで調達する人といろいろです。 働くためには食は大事! 奥に小さいですけどまかないのスタッフがおりまして 面倒見てくれます。

OSV(オフショアサポ-トベッセル)建造中の火災消火装置テスト

 世間は洋上風力発電の設置が進み、造船関係も ちょっと忙しくなってきました。   弊社ではこれらの業務に従事する船を建造しています。 作業船を曳く、物資を運ぶ、消火活動を行う、 海底海洋調査を行うなど多数の仕事をこなす船です。  (普段は地味な船が多いですが)  この船は入社4年目過ぎの若い世代が主力となり、 引き渡しまで各部で頑張っていました。  もちろん鉄工、造機、電気、配管、

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける