記事一覧

◆青森ツアー・冬②◆ ⛄

電気設計課Kです。 「青森ツアー・冬②」です。 弘前城といえば、やはり春をイメージする人が多いかと思いますが、 雪化粧をした弘前城もとても良いです。 また、雪灯篭も幻想的です。 季節モノは見に行くタイミングが難しく、臨機応変に対応する必要が あります。 季節モノのイベントは思いつきで行こうとしても宿泊が絡むと目的地 から離れた場所に泊まらなければならなくなる可能性もなきにしもあらず。 また、移動手段も限られてしまいます。 設計業務の工程管理は、旅程計画と一緒で臨機応変に対応しなければ ならないことが多々あります。 同じことの繰り返しになり難いのが設計業務なのでとてもやり甲斐の ある業種ですよ。 「青森ツアー・冬③」へ続く・・・

🎣解禁間近🐡

電気設計課 Kです。 いよいよ今年も渓流の解禁が近づいてまいりました。 地域によって前後しますが、一般的に渓流の解禁は3月1日、 鮎は6月1日でしょうか。 「遠足前日の小学生かよっ!?」と思いつつも、毎年この時期は ソワソワして落ち着きがありません。 去年、青森釣行でルアーをロストしていたので、解禁前にショップで 補充しました。 「コイツを使えば間違いない!」という実績あるルアーもいくつか購入。 さてさて。 今年はどんな出会いがあるか楽しみです。 K次長、いつもありがとうございます。 釣りに限らず、出会いの季節がやってきますね。 我々総務課も新しい出会いに向けて忙しくなってきました。 良い春を迎えたいものですね🌸

♨箱根旅行♨

こんにちはっ♪イーマックエンジニアリング 総務課です( `ー´)ノ 本日は建築設計課のKさんが有給休暇の過ごし方を教えてくれました‼ 先日、有給休暇を利用して友人と1泊2日の箱根旅行に行ってきました。 箱根の名所である大涌谷や芦ノ湖を観光して自然に触れることができました! 美味しいご飯をたくさん食べて、ゆっくり温泉にも浸かって日常の疲れを癒すことができました♪ 移動中、高速道路のSA,PAに寄ってトイレの視察もしました。職業柄、プライベートでもつい気になってじっくり見てしまいますね(笑) 当社は若手社員も有給休暇が取得しやすく働きやすい環境であると思います! 当社では入社日当日より有給休暇が付与されます(※入社月により付与日数は異なります)。 Kさんも本文中で伝えてくれていますが、当社は周りの社員の雰囲気で「なんとなーく有休が取りづらい…(涙)」なんてこともないのでワーク・ライフ・バランスが保ちやすいのではないかと思います。 …それにしても、お友達との旅行中にも仕事のことを考えて、ついつい視察をしてしまうKさん。 真面目な性格が出ていますねっ(^^) 楽しいお休みの過ごし方を教えてくれてありがとうございました‼

~釣り人の特権~

お疲れ様です!イーマックエンジニアリング 総務課です( `ー´)ノ 設備設計部 次長が逃避旅行から戻ってきました。 お待ちかねの旅行記です♪ 次長のブログ、楽しみにしている社員もいるくらい評判がいいのです。 私が温めすぎて更新が遅くなり、クレームがついたくらいですから…Σ(゚Д゚) ISG島への「現実逃避!GTフィッシングツアー!!」より帰還し、現在は 東北現地調査ツアー真っ只中であります。 ISG島から、いわき、磐梯山そして前沢へと北上しております。 昼間の最高気温25度前後の南の国から気温一桁台の北の国へ・・・ 寒いです・・・ むちゃくちゃ寒いです・・・ 金ケ崎町のとある宿に宿泊していますが、夜の気温は氷点下です・・・ さてフィッシングツアーの報告です。 残念ながらGTを釣り上げる事はできませんでしたが「アカジン(スジアラ)」を 釣り上げました。 沖縄ではキロ2000~3000円で取引されるらしいです。 写真のアカジンは3キロ前後でしょうか。 夜は行きつけの居酒屋を予約していたので、言うまでもなく持ち込みで 調理して頂き、お酒のおつまみに。、 刺し身、フライそして煮付け・・・ むちゃくちゃ美味しかった! 自分で釣り上げ、新鮮なうちに食す! 釣り人の特権です! さてさて。 社会インフラに関連する建築や設備の設計を行っているイーマックエンジニアリング でも設計特有の特権?があります。 基本的に一般人が入れないような場所に、現地調査で行くことがあります。 例えばアクアトンネルや関越トンネルの裏側などなど。 みなさんも我々イーマックエンジニアリングの設計部隊の面々と社会インフラの 裏側を探検しませんか? 注)ISG島=石〇島です( `ー´)ノ

~試行錯誤をしよう!~

ここ数年、恒例となりつつある師走のISG島への「現実逃避!GTフィッシングツアー!!」 を1週間後に控えております。 「選定の儀」で新たに選ばれた武器たちを紹介します。 泡を立てて逃げ惑う小魚のように操作する疑似餌を選定してみました。 去年は、ペンシル系(一番左で、ダイブや水の抵抗で飛沫を得げます)とは別に、 ポッパー系(頭の部分に小さい窪みがあり、引くと音と泡が立ちます)を選定して みました。 去年と同じことをしても成長はないので、今年も試行錯誤して狙った獲物を 釣り上げたいと考えております。 さて。 またまたオジサンが考えていることの一部です。 どんなことにでも当てはまるのですが、人間常に試行錯誤をして上を目指さなければ 成長が止まってしまうと思っております。 設計も同じで、去年と同じことをしていたら何の成長もありませんし、設計者としての 価値は下降の一歩を辿ってしまい、存在価値がなくなってしまいます。 素人には出来ないことに気づき・提案できてこそ、設計者としての存在価値が高まるかと。 みなさんも我々と試行錯誤し、設計のプロフェッショナルを目指しませんか?

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける