記事一覧

【転職体験談 #13】職歴もやりたいこともない状態から仕事探しをスタートしたOさんの物語

こんにちは! プラスト編集部のOです。 第13回目となる「みんなの転職ストーリー」。 今回は株式会社セルクリーンセンターに焼却施設管理スタッフとして入社したOさんにお話しを聞きました。 【🏢株式会社セルクリーンセンター】 栃木県宇都宮市で廃棄物処理サービスを提供する同社。 最新鋭の設備・技術によって、企業や商業施設で排出される産業廃棄物を分別・焼却し、リサイクルできる状態へ加工。民間会社でありながらも公共性の高い事業を展開している。 記事では”転職におけるさまざまな決断の瞬間”や”転職成功を実現するための手段”が語られています。 転職活動中の方はもちろん、これから始めようと考えている方にとっても、きっと参考いただける転職体験談になっていますので、ぜひご一読ください。 ※本記事は2023年12月13日時点の情報をもとに作成しています ——入社1週間で感じる人間関係の良さ お話を聞いた時点で、Oさんはセルクリーンセンター社に入社してまだ1週間がたったばかり。ただ、短い期間ながら同社の魅力をひしひしと感じているという。 「まず、先輩たちが優しい人ばかりでびっくりしました。仕事を丁寧に教えてくれることはもちろん、忙しいタイミングで先輩たちが休憩を取れないなかでも、『休憩してきて大丈夫だよ』って、気さくに言ってくださったり…。とにかく私のことを気遣ってくれているのがわかるんです」 「休憩時間にも積極的に話しかけてくれます。最近では、ゲームセンターでUFOキャッチャーに熱中したという話題で盛り上がりました(笑)。私は20代前半で、年が離れた先輩が多いんですが、話しにくいとか、みんなの輪に入りにくいとか感じたことは一切ありません」 人間関係に大満足していると語るOさん。焼却施設管理の仕事については、どんな魅力を感じているのだろうか。 「産業廃棄物を施設に運搬してくれるドライバーさんとのやりとり、特に感謝の言葉をかけていただけることが一番うれしいです。仕事が社内だけで完結するのではなく、社外の人とコミュニケーションをとる場面があるという点は、いい意味でのギャップに感じています。これから経験を積んで、幅広く業務ができるようになれば、もっともっと多くのやりがいを感じられるだろうと予感しています」 Oさんの語り口からは、現状に対する満足感に加え、自身の将来に対する明るい見通しを持っていることが感じ取れた。 Oさんはどんな経緯でセルクリーンセンター社に出会うことができたのだろうか。キャリアの軌跡を伺いました。 ——やりたいことがない状態からスタート これまでのキャリアについて質問すると、初めての就職がセルクリーンセンター社であると打ち明けてくれたOさん。ただ、いわゆる新卒入社ルートではなかったという。 「実は、私は通っていた大学を中退したんです。だから、いわゆるマイナビとかリクナビといった新卒者向けサービスではなく、転職サイトを利用して会社探しをしていました」 どんな軸で会社や仕事を探していたのだろうか。 「漠然と事務職がいいかもくらいには思っていました。でも、就業経験といえばコンビニのアルバイトだけだし、自分にどんな仕事が向いているのかもわからない。それに、当時は特にやりたいこともなかったんです。だから、自分を受け入れてくるところで全力で頑張ろうと決めていました。職種や業種ではなく、『未経験OK』や『社会人デビュー歓迎』といったキーワードで求人を検索していましたね」 Oさんは自身で求人検索をしつつも、さらなる情報収集のために転職エージェントにも登録することにした。 ——エージェントを利用して情報収集を エージェントに相談すると、未経験スタートには製造職が良いとおすすめされたという。 「職種といった観点だけでなく、派遣社員として働くことも視野に入れて企業を探した方がいいとアドバイスいただきました。選考に関する情報などもいろいろいただきながら進めましたが、なかなかうまくいかず…」 Oさんは、エージェントからの情報収集は継続しつつ、自己応募の数を増やすことに。転職サイトはマイナビ転職をメインで活用していたという。製造職以外にも、いろんな職種に応募してみた。 「たとえば、事務職だったり施工管理職だったり、とにかく未経験歓迎の募集には積極的に応募してみました。トータル数十社受けて、面接に進めたのは3分の1に届かないくらいでしたね。履歴書に関しては、都度ネットの情報を参考にしながら作成したのを覚えています」 ——セルクリーンセンター社との出会い 面接に進んだ企業のなかの1社がセルクリーンセンター社だったと語るOさん。セルクリーンセンター社に応募した経緯を聞いてみた。 「応募のきっかけはセルクリーンセンターからのスカウトメールです。その後に求人の仕事内容を確認してみると、興味が持てる内容でした。一旦「気になる」でブックマークしておいたら、今度は面接依頼の案内メールが届いた」 「大学を中退しているし、職歴もないし、仕事探し中はずっと『自分を必要とする会社があるんだろうか…』って、本当に不安だったんですよ。だから、そんな不安を抱えるなかで、セルクリーンセンターからスカウトや面接案内のメールをもらえたのはすごくうれしかった。『自分のことを知ろうとしてくれる企業がいる!』って思えたんですね」 ——独特の面接スタイルに入社意欲が向上 今まで面接に進んだ企業は、すべてWeb面接だったという。セルクリーンセンター社では初の対面での面接だった。 「はじめての会社に訪問しての面接ということで緊張しましたね。さらに、面接会場に入ると面接官が5人もいて、なおさら緊張が強まりました(笑)」 緊張でガチガチになったと語るOさんだが、セルクリーンセンター社での面接は、今まで受けてきた企業とは違っていたという。 「最初に、セルクリーンセンターで働く上での懸念点から説明くださいました。産業廃棄物を扱う関係上、どうしても独特のにおいのなかで働かなければならないといったようなことです。真摯に説明してくださる姿勢に好感を持ちました」 「自身の強みや弱みといった、いわゆる面接の定番質問を一切されなかったのも衝撃でした。めちゃくちゃ準備していったんですけどね(笑)。面接は会話チックに進んでいったので、私の趣味であるBリーグ観戦やスノーボードの話題にもなり、とても盛り上がりました。面接での受け答えだけでなく、人となりをしっかり見定めようとしてくれているような気がして、うれしくなったのを覚えています」 時間が進むにつれて自然と緊張もほぐれると同時に、ぐんぐんと入社意欲が高まっていったいうOさん。そして翌日には初めての内定が出ることに。もちろん、すぐに入社を決心した。 ——オンオフの充実した社会人ライフに Oさんが現状に満足しているのは冒頭で紹介した通り。現在研修中のOさんに、これからの目標を伺ってみた。 「直近の目標は重機の運転免許を取ることです。重機が使えるようになれば業務効率もあがり、先輩たちの力になれる。私が活躍できれば、みなさんが休憩を取れなくなることも少なくなるはず。その他にもさまざまな資格を活かせる仕事なので、自身の成長のためにも勉強は継続したいですね。会社からの支援もあるので、うまく利用していきたいです」 最後に、この記事を読んでいる求職者の方にセルクリーンセンター社のおすすめポイントも聞いてみた。 「ワークライフバランスを取れる会社であるのはポイントですね。私の場合、17時に仕事が終わって、帰宅すると17時半とか18時くらい。そこからは、好きな動画をみたり、その日に仕事で学んだことを復習したりする時間にあてています。誰もが充実したプライベート時間を持てる環境があると思います」 「そして何より、職場の雰囲気の良さですね。私は働き出すまで、仕事ってもっとぎすぎすした雰囲気の中でやるものだと思っていたんです。それは完全に偏見でした。先輩のみなさんは聞けば丁寧に教えてくれるし、休憩時間には笑い話に花を咲かせることもある。すごく居心地が良い職場だと感じています。新天地での人間関係に不安を感じている方は、どうか安心してください」 株式会社セルクリーンセンターのプラストでは、仕事内容や制度の詳細な紹介から、社員にフォーカスしたインタビュー記事まで実に多くの記事が投稿されています。下記リンクより求人だけでは知り得ない魅力を感じてみてください。 ▶株式会社セルクリーンセンターの記事はコチラから! ▶株式会社セルクリーンセンタ 【バックナンバー】 ・Mさんが株式会社オールへの入社を決めた3つの理由 ・30代中盤からITエンジニアへの転身を実現したKさんの物語 ・業種・職種の先入観を捨てることができ、理想の環境を手に入れたMさんの物語 ・やりたいことを深堀りした結果、短期間で転職を実現したUさんの物語 ・経験も知識もゼロからの出発。専門性の高い理系仕事に挑戦したIさんの物語 ・2回目の転職で、希望通りの環境を手に入れたMさんの物語 ・「好きなことを仕事に」を実現したMさんの物語 ・100名以上の応募者の中から内定を勝ち取ったHさんの物語 ・後悔を恐れず決断し、希望通りのキャリアを築いたIさんの物語 ・ITエンジニアとして成長できる企業と出会う。Uターン転職を実現したWさんの物語 ・小さな職場で、大きな仕事に挑戦! 希望に合った環境でイキイキと働くTさんの物語 ・「このままでいいのだろうか」漠然とした不安の中で成長環境と出会えたOさんの物語

新しい会社のホームページが登場!

皆さん、こんにちは! 弊社のホームページが新しく生まれ変わりました。 新しいデザインや便利な機能が追加され、スマートフォンからも快適にご覧いただけるようになりました。 今回の記事では、その魅力的な変化について詳しくご紹介します。 新しいデザインで魅力倍増! まず最初にお知らせしたいのは、新しいデザインです。過去のデザインから一新され、より洗練された外観に生まれ変わりました。シンプルで分かりやすいナビゲーションが採用され、情報へのアクセスがスムーズになりました。日常写真も多く取り入れましたので、少しでも弊社の雰囲気が伝わればうれしいです。 ⇒こちらをクリック! 会社のPR動画を視聴しよう! ホームページから会社のPR動画をご覧いただけるようになりました。この動画は、私たちの職場の雰囲気や業務の内容をリアルにお伝えする貴重なツールとなっています。これまで以上に私たちの仕事や価値観について分かりやすく伝えることができます。ぜひ、動画をご覧いただき、私たちの世界に触れてみてください! ⇒こちらをクリック! スマホからも快適に閲覧可能! スマートフォンからでも快適にウェブサイトを閲覧できるように改善しました。モバイルフレンドリーなデザインにすることで、どんなデバイスからでも簡単にアクセスでき、情報を手に入れることができます。いつでもどこでも、私たちの最新情報やサービスにアクセスできるようになりました。 私たちの仕事に興味を持っていただいた方々に、より多くの情報を提供できることを願っています。ぜひ、新しいホームページをご覧いただき、ご意見やご感想をお聞かせいただければ幸いです。 皆さんのご意見は私たちにとって非常に重要です。 今後もより良い情報とサービスを提供し、皆様との関係を深めていきたいと考えています。 新しいホームページはこちらからご覧いただけます。 どうぞお楽しみください!

地域環境に優しい廃棄物処理の専門家

皆さん初めまして! 私たちは宇都宮市平出工業団地に位置する、地域貢献に尽力し、環境にやさしい廃棄物処理サービスを提供する(株)セルクリーンセンターです。 ★地元に根差す立地★ ㈱セルクリーンセンターは、栃木県宇都宮市平出工業団地内に拠点を置いています。地元に根差す存在として、地域社会への貢献を大切にしています。 ★10年の実績★ 創業から10年が経過し、私たちは確かな信頼と実績を築いています。専門知識と経験を駆使し、お客様の期待に応えています。 ★産業廃棄物の安全処理★ 私たちは、産業廃棄物の安全な処理を専門としています。環境に優しい方法で廃棄物を処理し、地域社会の健康と安全を守ります。 ★環境への貢献★ 焼却炉を運用し、地域の廃棄物を効率的に処理します。特に注目すべきは、「キルン&ストーカ炉」の導入です。これにより、さまざまな種類の廃棄物を効果的に焼却処理できます。 ★地域貢献★ ㈱セルクリーンセンターは、「(株)八幡」と「鈴運メンテック(株)」との共同出資によって生まれました。地域の産業発展に貢献し、排出事業者様のニーズに応えます。私たちの使命は、地域社会をサポートし、未来に向けた持続可能な廃棄物処理の確立です。 私たちは、地域社会への貢献を第一に考え、環境にやさしい廃棄物処理のリーダーとして、これからも成長し続けます。 私たちと一緒に、より持続可能な未来を築き上げていきましょう。 お問い合わせお待ちしております!

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける