記事一覧

フジメカニックってどんな会社?

株式会社フジメカニックの採用ブログ「+Stories.」をご覧いただき有難うございます はじめまして担当のKです。 転職をご検討されている皆様にフジメカニックのことを深く知っていただくために、アラフィフの私Kと、若手ホープのYくん、ちょっぴり恥ずかしがり屋のYさんの3名KYY(空気読めないわけではないですよ)で社内の情報を発信してまいります。皆様に楽しんでいただけるよう精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。(私も若者に負けないよう頑張ります。。。) これから、いろいろな記事を掲載するにあたり、当社(フジメカニック)がどんな会社なのかを簡単にご説明いたします。 当社は埼玉県戸田市に本社工場を構える製造メーカーです。 今年の11月でちょうど創業40周年を迎えます。(祝!) 主力製品は「光学治工具(こうがくじこうぐ)」で設計、製造、販売を主な業務としています。(冒頭の写真は当社製品のごく一部です。) 治工具(または治具とも呼びます)といえば、製品の製造工程で使われるもので、製品を正確に位置決めし精度良く加工することで生産性の向上に直接寄与する道具です。当社の主力製品は光学製品に特化した「光学治工具」となります。 世に出回る光学製品は様々ですが、一般的に言う「レンズ」を搭載したカメラ(デジカメ、防犯カメラ、車載カメラ)や、スマホなどが光学製品にあたります。 そのため、当社のお客様は国内外の光学メーカー様や、半導体装置メーカー様が主となります。 では、当社の光学治工具がお客様の工場のどの工程で使われているか・・・ その答えはレンズの成膜(コーティング)工程となります。 レンズは薄膜と呼ばれるコーティングを施すことで、様々な特性(性能)を付加することが出来ます。例を挙げるとするならばUVカットのサングラスなどが挙げられます。 製品によっては何層もコーティングされるレンズもあり、その工程はかなり複雑です。 レンズのコーティング工程では真空蒸着機やスパッタリング装置と呼ばれる成膜装置が使われますが、当社のコーティングドームや蒸着治具などの光学治工具はその成膜装置の中でレンズを精度良く保持するために使われています。(写真:当社の光学治工具にずらりと並べられたレンズ) 成膜時は真空蒸着装置やスパッタリング装置の内部を真空状態にする必要がありますが、高真空と呼ばれる状態に至るまでかなりの時間を要するため、一度の成膜で一つでも多くのレンズのコーティングをしたいというのがお客様のご要望となります。 そのため、一つの光学治工具に出来るだけ多くのレンズを収めるためのスペース(穴)を確保することが設計に求められますが、穴をあけすぎてしまうと剛性(強度)が低下します。また、成膜時の装置内の温度は数百度に及ぶため、材料の熱膨張変形により装置内で大切なレンズが脱落したり伸び縮みで割れてしまうこともあります。(写真:コーティングドームに収められたコートリング。いずれも光学治工具。) 当社では、このような製造過程のトラブルを最小限に抑えるため、お客様の製造工程や製造設備の特性を十分に考慮した上で、お客様にとってベストな光学治工具を設計し提案することを心がけております。 少し話が長くなりましたが、当社がどんなモノを作っている会社なのか、ご興味を持っていただけましたでしょうか。 ちなみに・・・ 当社は光学業界のお客様から「フジメカさん」と呼ばれていますので、皆様もそう呼んでくださいね。

初投稿!

群馬県高崎市にあります八木工業株式会社と申します。 この度はより多くの方に弊社の事を知っていただきたく、プラストをはじめさせて頂きました! 早速ですが、弊社がどんな会社なのか? ご紹介いたします! 八木工業株式会社とはどんな仕事をしているの? 私たちは自動車に欠かせない部品である“ベアリング” を製造しています。 当社が提供するベアリングは自動車のみならず様々な分野で活躍しており、 独自の技術力により、高精度・高耐久性の製品を生産しています。 今後も製品の品質向上に取り組み、社会に貢献できるように 世界から信頼される企業を目指しています! 世界に誇れる製品を共に作りましょう! 八木工業株式会社の強みとは? 弊社の強みに鍛造から機械加工まで社内で完結できる 「高対応型一貫生産システム」 が挙げられます。 「高対応型一貫生産システム」 は、八木工業独自のシステムです。 鍛造を核として、熱処理・機械加工などの工程を有機的に結びつけ、 材質・形状・仕上げなどの多様なニーズに対応できる生産ラインを構築しています。 この高対応型のシステムを駆使することで、生産性向上はもとより、 高品質・低コスト・高信頼性の製品を生産し、お客様に提供することが可能です。 今後どういった会社にしていきたいか? 急速に変化していく時代に合わせ、高度化・多様化するニーズに積極的にお応えするべく、全社一丸となって創意と努力を重ね、高い技術力で世界に誇れる企業を目指していきたいと 考えています! 最後に 以上、長々と呼んでいただきありがとうございました! ご興味を持っていただけた方は是非求人にご応募ください。 また、製造業=経験者が有利と思われる方が多いかと思いますが、社内でも未経験から始めた方が大半となりますので未経験者でも安心してご応募ください!

九州支店の施工実績の紹介です

今回は、九州支店で施工した建物の紹介をさせていただきます。 建物名が福岡市立総合体育館、約3年前に竣工を迎えた建物で 大きさは120m×90mの4階建、元請はS建設です。 携わったのメンバーに話を聞くと当時は、熊本桜町の現場が始まり 半日熊本、半日福岡ということも多かった事や、外構工事の階段や 写真に写っているバスケットボールの1/3が地上から顔を出して いるようなオブジェ関係の墨出しが大変だったことを覚えていとの事 当社のメンバーは、I主任、M課長補佐、Y主任、K主任の4名。 私の感想ですが、広大な敷地の中に大変美しい近代的なスポーツ施設 で、さすが良いもの作るなぁ~って感じでした。

俺の饅頭(マンジュウ)

みなさんこんにちわーーーー 工事管理部の田村です。 前回の投稿にもありましたが なんと!!!!!!! なんと! 禁煙ちょうど二か月入りました((´∀`)) 9/23から頑張っております。 最近体の調子もいい感じです。 今回はちょこっとお仕事な話です。 こないだ仕事でマンジュウ作りのお手伝いをしてきました。 建築業界なのに??? と思ったそこのあなた!!!! 食べる饅頭じゃないんです。 マンジュウなんです。 モルタルでつくる土台のことなんです。 この土台の高さを特殊な方法で私が指示を出して作成しました。   特殊な方法とは??? と思ったそこのあなた!!!! ぜひ一度うちの会社に来てみては(^.^)/ おまちしてまーーーす!

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける