「橋梁」を含むストーリーズ

記事一覧

【オービット設計作品】赤水跨線橋(その2)

こんにちは。株式会社オービットです! 先日ご紹介した、当社が設計を手掛けた熊本県阿蘇市の「赤水跨線橋」の第2弾です。 実は、橋桁の一角にこのような👆プレートがあります。 プレートには、設計者と施工者の社名のほか、管理技術者の氏名が刻まれています。 近年完工した橋梁には、こうしたプレートの設置が増えてきました。 設計者としては、自分が設計した作品に名前が刻まれ、末永く利用されることから業務の達成

【オービット設計作品】赤水跨線橋(その1)

こんにちは。株式会社オービットです! 今回は当社が設計した、熊本県阿蘇市にある「赤水跨線橋」を紹介します。 平成28年4月の熊本地震により被災した、国道57号線の北側復旧ルート上に位置し、JR豊肥本線を横過する跨線橋です。 北側復旧ルートは令和2年10月3日に開通し、同ルート上の橋梁としては最も早い開通です。 開通前には、発注者様の催しとして、近隣の阿蘇西小学校の児童たちが未舗装の橋面に校歌を

(株式会社オービット)今日は日帰り出張です

福岡の建設コンサルタント、株式会社オービットです。 当社は福岡県に留まらず九州で業務をしており、しばしば社用車で移動します。 先日は業務の手続きのため長崎県大村市へ行ってきました。 帰りにパーキングエリアで休憩していたら、小高い丘から望む大村湾の美しい景色が目に留まり写真を撮りました。 気持ちに余裕を持ち、安全運転で仕事に努めたいと思います。

(株式会社オービット)職場周辺の環境について その2

こんにちは! オービットです。 当社大野城支店のある、大野城市月の浦の一角に"月の浦西公園"があります。 ここは月の浦で最も標高が高い場所で、園内には林の中を散策できる遊歩道や、 画像のような展望台があります。 ちょうど遊歩道沿いでは萩の花が咲いており、 秋が深まり今日から10月になったことを実感します。 とはいえ、日中の気温まだ30°あり、遊歩道を歩くと汗ばんできます。 まだまだ熱中症には

(株式会社オービット)職場周辺の環境について

こんにちは! 福岡の建設コンサルタント、株式会社オービットです。 私たちの職場、大野城支店の周辺環境について紹介します! 社員のほとんどが働いている大野城支店は、その名の通り大野城市の閑静な住宅街の中にあり、すぐ近くには春日市、ちょっと足を延ばせば那珂川市や筑紫野市にもアクセスできる好立地です。 福岡市のベッドタウンとして自然環境が点在し、周囲には多くの公園があります。 住むのにも良さそうです

株式会社オービット営業部です!

こんにちは! 株式会社オービットです。 今回は営業部からお送りします。 当社は建設コンサルタントなので、顧客は官公庁が主体です。 画像の営業車2台で毎日営業に励みたいところなのですが・・・ コロナ渦でなかなか思うように動けていません・・・ 当社では社内のコロナ対策にも力を入れています。 早くコロナが終息することを願っています!

僕の仕事のやりがい

こんにちわ。 弊社は今日までお休みですが、僕は今月後半に1日休みたいので、その代わりに今日出てきました。 そんなことも可能な創設の福利厚生です。 本日のお題はタイトルの通り。 僕は、自分の子どもに自分が携わった工事現場を褒めてもらえると、とても大きなやりがいを感じます。建築物、構造物は視覚的に有無を言わさず訴えれるので、子どもは簡単に褒めてくれます。 子どもに仕事を褒めてもらうと、子どもに

建設営業を志される方はぜひ読んでみてください。

おはようございます。 今回は創設の建設営業職の具体的な業務内容ってことで。 そういえばしてなかったな~、とおもいまして。 まず、創設には4種類の職種が存在します。 ①技術営業職(new!) ー創設では工事部営業課 ②工事職       ー創設では工事部工事課 ③設計職       ー創設では工事部設計G ④事務職       ー創設では総務G と、なりますが割と読んで字のごとく的になってい

中小企業で働くということ

こんにちわ。 今回はちょっと長くなると思います。 今日のお話は、タイトル通り中小企業で働く選択をするとどうなるか。 あとは大企業で勤務するのと、どう違うのかメリット・デメリットを僕なりに赤裸々にお話したいと思います。 これを話す前に、僕の経歴を簡単に説明したいと思います。 僕は高卒ですが、やりたいことがあったので新卒で働き始めたのは、21歳のころです。 最初は某公務員でした。そこから、社員総数

メンタルヘルスについて~僕の考え方~

おはようございます。 今回は、ご興味がある方も多いと思います。 弊社のような零細~中小企業はメンタルヘルスについて、どう考えているのか。 あるいは、どう考えるべきか。 ということを僕なりの考えを書こうかな、と思います。 誰にでも可能性はあるもの。 中小企業の採用人事においては、既往歴がある時点で採用を見送るのがベターかつ一般的な選択だと思います。 メンタルヘルスの社内教

+Storiesとは?+Storiesとは?