記事一覧

充実の研修ラインナップ

充実の研修ラインナップ ▼入社~3ヵ月間:新人研修エステティシャンとしての基礎を学ぶ期間です。 立ち振る舞いや接客マナーをはじめ、痩身の基本技術、美容の基礎知識など、エステティシャンとして重要な知識や技術を習得できます。専任トレーナーが丁寧にレクチャーしますので、安心してイチから学ぶことができますよ。 ▼4ヵ月目以降~:OJT研修 配属先の店舗で上司や先輩から直接教わりながら実地で学びましょう。 ▼5ヵ月目以降~:各種ステップアップ研修 社内外のプロエステティシャンから、さらなるスキルアップのための講習を受けられます。 5か月目から受けられる「上級技術研修+基本カウンセリング研修」 9か月目から受けられる「上級カウンセリング研修」 マネージャーに昇格すると受けられる「マネジメント研修・キャリア研修」 不定期開催される「外部講師研修」 など、プロのエステティシャンとして技術を磨き続けられる環境を用意しています。 ▼年1回:海外研修 本場バリにて体感形式で研修を実施。バリニーズエステを展開する当社ならではの研修です♪ 創業者徳原・吉川からのメッセージ エステティシャンという仕事は、ただただ技術を提供しているわけではありません。1時間という時間のなかで、技術だけではなく、知識や人間力も問われます。そうして自身が持っているものをフルで提供することで、お客様に価値を感じていただける。 こう聞くと、「難しそう」と不安になる方も多いでしょう。その通り、簡単な仕事ではありません。でも、簡単ではないからこそ、「自分にしかできない仕事」になり、「自分にしか生み出せない価値」を提供できるようになります。 みなさんの心にとめておいてほしいのは、1年や2年で極められるような仕事ではないということです。だから、焦らずじっくりと成長していっていただければと思っています。研修は豊富に用意してあるので、ぜひスキルアップする喜びを、そして身に着けた知識やスキルでお客様に喜んでもらえる楽しみを感じてもらえればうれしい限りです。 先輩の声を紹介! 《入社7年目 Kさん》 前職は飲食業でまったくの未経験入社です。不安でしたが、最初の3ヵ月でみっちり学べる期間があったので、自然と不安は消えていました。仲間や先輩が支えてくれたのも大きかったですね。定期的にもっとスキルアップが必要だなと思う場面があるのですが、その都度研修が開催されるのでとてもありがたい。エステティシャンの二人が創った会社だからこそ、エステティシャンの悩みや不安を解消する仕組みが会社に備わってるんだと思います。 《入社6年目 Mさん》 憧れの美容師になれたものの、「見て盗め」というカルチャーだったり、ハサミを握らない日もあったりと、だんだんと将来が不安になっていったんです。手に職を付けたいという想いが強くなり、転職することになりました。 スイート・ピアに入社して驚いたのは、学びながらお給料がもらえるというところ。研修代もテキスト代も全部会社持ちで、社員の学びを応援する姿勢に感動しました(笑)。毎日必死ですが、少しづつできることも増え、仕事が楽しいと思う自分に充実感を感じています。 以上、当社の研修について紹介しました。 研修の具体的な内容などは、ぜひ面接の際にも説明させていただきます。 気になった方は気兼ねなくご応募くださいませ。

未経験から店長になった高橋さんにインタビュー

こんにちは! 株式会社スイート・ピアの採用担当です。 今回は、和光店で店長を務める高橋さんにインタビューを実施しました。 実際のサロンの様子などがイメージできると思いますので、ぜひご一読ください。 【お客様を楽しませたい】 私が店長として大切にしているのは、お客様が楽しめる空間をつくることです。 サービス業として当たり前のことだと思う方も多いかもしれません。ただ、私にとってのお客様は、エステを受けにご来店された方だけではないんです。 スイートピアのサロンが入っているフィットネスクラブのスタッフのみなさんも、そして、一緒に働くスタッフも大事な大事なお客様と捉えています。 だから、スタッフが仕事を楽しめるようになることは、エステを受けに来られたお客様にご満足いただくことと同じくらい重要。 悩んでいれば積極的に相談に乗るし、アドバイスやカバーもする。普段からコミュニケーションを多く取って、スタッフがイキイキと楽しく働けるように努めています。 未経験からのスタート今は店長を任されていますが、私は未経験スタートだったんです。 前職は化粧品を扱う会社で事務職や販売職を経験しました。 未経験ながらもエステティシャンの道を選んだのは、制度が豊富だったこと、そして研修がしっかりと用意されていることがわかったからです。 働き方が選べたり、時短勤務制度があったりと、入社する前から、この先長く働ける環境があると感じることができたのは大きかったですね。 エステティシャンは未経験だったので心配でしたが、最初の3ヵ月間の研修で、基本知識や技術を教えてもらえるので自然と「このキャリアを歩んでいこう」と、前向きな気持ちになることができました。 【エステティシャンのやりがい】 前職の化粧品の販売職だと、同じお客様と合う機会は多くても月に1回ほどでした。でも、エステだと毎日お会いするお客様もいらっしゃいます。ひとりのお客様に向き合う時間が増えたのは、私が望んていることでした。 また、フィットネススパという特性上、よりお客様に美と健康について、多角的に提案、アドバイスできるのもスイート・ピアの強みです。お客様から感謝の言葉をいただく機会も増え、大きな充実感を抱いています。 【仕事としてエステが気になっている方へ】 初めての職種は不安が多いと思いますが、私も未経験スタートです。 会社の制度は整っていますし、私としてもみなさんの不安に寄り添ったサポートができると思いますので、何も心配せずに飛び込んできてください。 あなたと働けることを楽しみにしています。

【創業ストーリー】アパートの1室から始まり、68店舗を構える企業に成長するまで

こんにちは! 株式会社スイート・ピアの採用担当です。 今期の記事では、当社の創業者である徳原代表と吉川副代表のお二人に、エステティシャンの仕事の魅力から、二人のスタッフに対する想いまで聞いてきました。 当社の社風や事業にかける想いが感じられる内容になっています。ぜひご一読ください。 ~エステティシャンの魅力とは~ 徳原代表(以下、徳原):エステティシャンの醍醐味といえば、やっぱり自身の技術や知識をもってして、お客様から、心からのありがとうをいただけることだと思う。そして、またご来店いただいくという流れのなかでエステティシャンとして自信がついてくる。お客様の感謝と自己成長の喜びを感じられるサイクルをつくれるのは、間違いなくエステティシャンの醍醐味です。 吉川副代表(以下、吉川):プレッシャーや責任があるからこそ楽しいというのもありますよね。昔は1店舗1人体制でオープンからクローズまで全部やってて、毎日1人のエステティシャンとして試されていた感覚があった。でも、そのプレッシャーを乗り越えたことで、お客様の信頼を得ることができ、店舗を拡大することができたんです。 徳原:もちろん、今はそんな体制じゃないのでご安心くださいね(笑)。でも、プレッシャーをはねのけた先に大きなやりがいや達成感があったのは、間違いなかったよね。 吉川:そして何より、エステティシャンというのは、ひとりの女性として活躍ができるものすごく素晴らしい職業だと思っています。やっぱり、女性として本当にいつまでも輝けるのがエステティシャンだなと。会社としても、そんなエステティシャンになれるように、制度や環境を整えています。ぜひ、スイート・ピアで自身の人勢を切り開いていただきたいですね。 ~思い出のエピソード~ 徳原:やっぱり、独立してからフィットネスクラブでエステのサービスを提供しだした時期は印象に残っているよね。今まで、エステとフィットネスって別物のように扱われていたんです。「フィットネスを頑張れなかったから、エステでお願い」といったお客様も多かった。 吉川:でも、フィットネス後のお客様に施術すると、本当に結果の出方が全然違った。エステを受けるお客様に「運動も大事ですよ」って感じでアドバイスしてたのが、「運動することでエステの効果が大きくなる」と言えるようになったのは進歩でした。 徳原:お客様も私たちも結果が出るから楽しい。美と健康のコラボレーションは本当に大切なんだなと痛感したね。 吉川:お客様からは「ありがとう」って言葉をいっぱいかけてもらいましたよね。私たちとしても、美と健康のコラボレーションをお客様と一緒に推進しているようで、とてもうれしかった。 徳原:そこから、噂が広まってか、お客様が一気に増えたんです。励ましのお言葉も何度もいただきました。今でもお客様にかわいがってもらっているというのは、サロンで働くスタッフたちからよく聞きます。私たちはお客様に育てていただいているのだなとしみじみ感じますね。多くのエステティシャンが長く働けるように 徳原:大きなやりがいや楽しみがあるエステティシャンという仕事を今のスタッフたちには長く続けてもらいたい。だから、スタッフたちがこの先も息長く働けるにはどうしたらいいだろうというのは、常々二人で考えていることです。 吉川:二人のミッションとして、「エステティシャンとして一生楽しみ尽くせる会社作りをしていこうね」っていうのはよく話してますよね。 徳原:そうそう。人生を預けてもらう以上、私たち会社としてもスタッフの人生を豊かにできる環境をつくっていきたい。研修制度を充実させたり、働き方を選べるようにしているのは、そういう考えからなんだよね。 吉川:ライフスタイルの変化の中で結婚があって、出産があって、育児がある。産休取得率や復帰率も向上したきたけど、そのような境遇にあるスタッフの働きやすさはこれからも整備していきたいですね。 徳原:まだまだ成人した子どもをもつスタッフは少ないけど、子育てを終えて、またバリバリと活躍したいという願いを持つスタッフも出てきてほしいですね。一旦は退職してしまったけど、落ち着いたらまた戻ってきてもいい。当社でエステティシャン人生を楽しみつくしてほしい。

創業者が語る「エステティシャン」という仕事の醍醐味、社員に対する想い

こんにちは! 株式会社スイート・ピアの採用担当です。 今期の記事では、当社の創業者である徳原代表と吉川副代表のお二人に、エステティシャンの仕事の魅力から、二人のスタッフに対する想いまで聞いてきました。 当社の社風や事業にかける想いが感じられる内容になっています。ぜひご一読ください。 ~エステティシャンの魅力とは~ 徳原代表(以下、徳原):エステティシャンの醍醐味といえば、やっぱり自身の技術や知識をもってして、お客様から、心からのありがとうをいただけることだと思う。そして、またご来店いただいくという流れのなかでエステティシャンとして自信がついてくる。お客様の感謝と自己成長の喜びを感じられるサイクルをつくれるのは、間違いなくエステティシャンの醍醐味です。 吉川副代表(以下、吉川):プレッシャーや責任があるからこそ楽しいというのもありますよね。昔は1店舗1人体制でオープンからクローズまで全部やってて、毎日1人のエステティシャンとして試されていた感覚があった。でも、そのプレッシャーを乗り越えたことで、お客様の信頼を得ることができ、店舗を拡大することができたんです。 徳原:もちろん、今はそんな体制じゃないのでご安心くださいね(笑)。でも、プレッシャーをはねのけた先に大きなやりがいや達成感があったのは、間違いなかったよね。 吉川:そして何より、エステティシャンというのは、ひとりの女性として活躍ができるものすごく素晴らしい職業だと思っています。やっぱり、女性として本当にいつまでも輝けるのがエステティシャンだなと。会社としても、そんなエステティシャンになれるように、制度や環境を整えています。ぜひ、スイート・ピアで自身の人勢を切り開いていただきたいですね。 ~思い出のエピソード~ 徳原:やっぱり、独立してからフィットネスクラブでエステのサービスを提供しだした時期は印象に残っているよね。今まで、エステとフィットネスって別物のように扱われていたんです。「フィットネスを頑張れなかったから、エステでお願い」といったお客様も多かった。 吉川:でも、フィットネス後のお客様に施術すると、本当に結果の出方が全然違った。エステを受けるお客様に「運動も大事ですよ」って感じでアドバイスしてたのが、「運動することでエステの効果が大きくなる」と言えるようになったのは進歩でした。 徳原:お客様も私たちも結果が出るから楽しい。美と健康のコラボレーションは本当に大切なんだなと痛感したね。 吉川:お客様からは「ありがとう」って言葉をいっぱいかけてもらいましたよね。私たちとしても、美と健康のコラボレーションをお客様と一緒に推進しているようで、とてもうれしかった。 徳原:そこから、噂が広まってか、お客様が一気に増えたんです。励ましのお言葉も何度もいただきました。今でもお客様にかわいがってもらっているというのは、サロンで働くスタッフたちからよく聞きます。私たちはお客様に育てていただいているのだなとしみじみ感じますね。 ~多くのエステティシャンが長く働けるように~ 徳原:大きなやりがいや楽しみがあるエステティシャンという仕事を今のスタッフたちには長く続けてもらいたい。だから、スタッフたちがこの先も息長く働けるにはどうしたらいいだろうというのは、常々二人で考えていることです。 吉川:二人のミッションとして、「エステティシャンとして一生楽しみ尽くせる会社作りをしていこうね」っていうのはよく話してますよね。 徳原:そうそう。人生を預けてもらう以上、私たち会社としてもスタッフの人生を豊かにできる環境をつくっていきたい。研修制度を充実させたり、働き方を選べるようにしているのは、そういう考えからなんだよね。 吉川:ライフスタイルの変化の中で結婚があって、出産があって、育児がある。産休取得率や復帰率も向上したきたけど、そのような境遇にあるスタッフの働きやすさはこれからも整備していきたいですね。 徳原:まだまだ成人した子どもをもつスタッフは少ないけど、子育てを終えて、またバリバリと活躍したいという願いを持つスタッフも出てきてほしいですね。一旦は退職してしまったけど、落ち着いたらまた戻ってきてもいい。当社でエステティシャン人生を楽しみつくしてほしい。

+Storiesとは?+Storiesとは? 見つける