マイナビ転職女性のおしごと

編集部がおすすめする、求人情報や転職に役立つ情報が満載!
働く女性をしっかりサポート!

20代、30代、40代。この先、仕事どう選ぶ? 女性の「私と転職」STORY20代、30代、40代。この先、仕事どう選ぶ? 女性の「私と転職」STORY

【38歳】30代後半。給料が低くてもアシスタント職がやりたい……

38歳・女性丸山久美子さん

事務や貿易事務としてキャリアを積み重ねてきた丸山さん。転職活動を始めた当初、経験のあるアシスタント的な仕事で探していたが、35歳以上で応募できる求人の少なさを目の当たりにする。自分の置かれた状況を理解し、スペシャリストへの方向転換を試みるが、理想と異なり退職。適性のある事務系職種に戻るべきか、それとも……

そんな転職活動の悩みに、キャリアアドバイザーが答えます。

年相応に専門職を経験。でもやっぱりアシスタントがいい

昨年、私もこれからはアシスタント職よりもスペシャリストとして、生きていこうと考えて、経理職採用で企業に入社したんです。

でも面接で聞いていた職務内容と実際が違っていて、残業時間も多くて試用期間で断念してしまったんです。やはり、今までやってきた営業事務の仕事を続けたほうがいいのかもと思い始めています。

――その後はどうされたんですか?

知人から外資系銀行でのアルバイトの仕事を紹介してもらい、最近勤め始めたばかりです。

――【Check】30代後半という年齢を考えると、やはり単純なアシスタントの仕事は難しいでしょうね。
採用する側から見ると、丸山さんはアシスタントではなく、新たなスキルを身に付けてステップアップしたほうがいいと思うんです。

今は金融系を目指しているんですが、やはり応募資格は経験者に限られますよね。

30代後半の転職で必ず求められる「〇〇力」って?

――スペシャリストを目指してからの転職活動を見ると、3社も合格していますね。うまくいっているほうだと思いますよ。その時はどんな職種が多かったんですか?

秘書です。でも自分の時間が欲しくて辞退しました。

経理の正社員を辞めて派遣になってから、会社帰りにお稽古事に通う生活に慣れてしまって。秘書となるとやはり自分の時間が作れないでしょうし、秘密事項が多くほかの社員と親しく付き合えないなど、いろんな問題があると思うんです。なので事務系の職種で行きたい気持ちがまだあって……。

――一定の職務範囲内で安定した仕事がしたいんですね。ただそういった働き方で正社員だと年齢的に難しいでしょうね。ある程度の年齢になると企業側はマネジメントまで求めてきます。営業事務をするにしても20代の人と比べて、こんなにすごい能力があるんだということをアピールしないと。結局、企業側は「この人はどのように自社に貢献してくれるんだ」という視点で見ますから、「私は一般事務でいいんです」では難しいですよね。

もちろん、私もそんなことは面接で言いません(笑)。

――これは一つの提案ですが、もし希望職種での採用がないというならば、中小企業まで視野に入れてみてはいかがでしょうか?

大きな会社ではポジション的にも難しくても、中小企業なら今までのキャリアを生かして経験を積める可能性もあります。企業風土はさまざまなので大変かもしれませんが、3年、5年先も働くというイメージを持って仕事に取り組まれるのもいいかもしれません。

あと現在アルバイトをされている外資系の企業で語学スキルをあげていくとか、何か丸山さんならではの強みを持つと風向きが変わってくると思いますよ。

現在のアルバイトも含め、自分の方向性をきちんと考えていこうと思います。

募集年齢オーバーでも、応募できる?

現在38歳なんですが、35歳までなど、制限のある求人を見かけます。年齢をオーバーしていても応募してもいいんでしょうか?

――35歳までの募集で、現在38歳だったらどんどん応募してください。ただし職務経歴書では年齢に応じたキャリアをアピールしなければいけません。38歳なのに30歳と変わらないキャリアだったら書類で落とされて当然ですよ。企業は対象年齢をチェックしているわけではありません。

【Check】30代後半になると、なぜアシスタント職の仕事は難しいのか?

実力主義の給与体系に変わってきているとはいえ、各社、給与規定があり、基本給に年齢給を加味している企業もあります。新卒で入社した方が十数年在職すれば、当然給与が上がりますし、アシスタント業務を継続しているケースは稀です。

正社員の中途採用では、給与体系が在職社員と変わりませんから、職務内容や能力は同様もしくはそれ以上を期待されるケースが多いんです。

35歳を過ぎたら、キャリアを積んでいくイメージを持って転職活動を

キャリアアドバイザーの転職アドバイス

  • 35歳以上の転職で求められるのは、やはり「即戦力」。応募職種のエキスパートであることはもちろん、リーダーシップや管理能力が評価されます。35歳以上でアシスタント職を目指す場合は、通常の事務スキルに「プラスα」が必要だと覚悟を。英語、経理、ITなど得意分野での経験・能力を兼ね備えていれば、応募書類や面接で必ず伝えましょう
  • 応募企業で活躍したいという熱意と、既存社員に適応できるコミュニケーション能力も求められます。過去の実績や評価へのこだわりはいったん忘れ、柔軟な面をアピールしましょう
  • 今まで歩んできたキャリアは大きな財産。年齢をハンディに感じて萎縮する必要はありません。明るく積極的に臨みましょう。

谷所 健一郎

有限会社キャリアドメイン 代表取締役 キャリア・デベロップメントアドバイザー(CDA)。1万人以上の面接と人事に携わった経験から、執筆、講演活動にて就職・転職支援を行う。ヤドケン転職道場、キャリアドメインマリッジ、ジャパンヨガアカデミー相模大野を経営。主な著書「はじめての転職 必ず成功する転職」(マイナビ)ほか多数。

併せて読みたい記事
賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド