マイナビ転職女性のおしごと

編集部がおすすめする、求人情報や転職に役立つ情報が満載!
働く女性をしっかりサポート!

女性の“働く”を考える キャリナレ

Career Knowledge

【リアル体験談】女性が多い職場は働きづらい? 人間関係の悩みと気を付けること

女性が多い職場で働く人たちの写真

女性が多い職場は、「人間関係が難しそう」などと働きづらいイメージを持っている人もいるのでないでしょうか。特に、転職や異動がきっかけで、これから新しい職場で働き始める時など、女性の多さが気になったり、不安に感じてしまうのかもしれません。

そこで、20~30代の女性351人(※)にアンケートを実施。女性が多い職場の「イメージ」と「実態」や、実際に職場であった「悩みやトラブル」について調べてみました。その対処法も併せて紹介します!

<INDEX>

「女性が多い職場」と「男性が多い職場」どちらが働きやすい?

まずは「『女性が多い職場』と『男性が多い職場』、どちらのほうが働きやすいと思いますか?」と聞いてみると、次のような結果が得られました。

グラフ:女性が多い職場が働きやすいと答えた人は39.2%にとどまる

「女性が多い職場のほうが働きやすい」と答えた女性は、30%台にとどまりました。

では、なぜそう思うのでしょうか。今度は「女性が多い職場は働きづらい」と思う理由を見ていきましょう。

【イメージ】「女性が多い職場」が働きづらいと思うのはなぜ?

「『女性が多い職場』は働きづらいと思う理由があれば教えてください」と聞くと、さまざまな意見が寄せられました。

人間関係がとにかく面倒くさそう

  • 裏の人間関係とか、派閥とかがありそうだから(食品/25歳)
  • 女性同士のグループを作ったり、集団行動をしないといけないから(総合電機/32歳)
  • 人間関係をうまく築かないと、仕事もうまくいかないと思うから(建設・土木/29歳)
  • 皆、気が強そう(輸送用機器/39歳)
  • 女性同士が結託すると怖い(宝飾品・貴金属/29歳)

女性が多い職場は、人間関係が面倒なイメージがあるようです。特に、女性同士でグループを作る傾向がある職場だと、集団行動が苦手な女性はいろいろと気を使ってしまい、ランチの時間など一人でマイペースに行動しているとグループに入れず、結果、仕事もやりにくくなると考えるようです。

女性同士は、会話の内容に気を使いそう

  • 恋人、結婚、子供など、女性は気を使う話題が多いから(生命保険・損害保険/29歳)
  • 女性が多いと、ひがんだり陰口を言ったりする人が出てきそうだから(食品/34歳)
  • 女性同士は、意見の対立があると溝が深くなるイメージ(建設・土木/37歳)

女性は「会話の内容にも気を使う」という意見も多く見られました。実際、恋愛や結婚、子供、家庭の話題など、軽い気持ちで話したことが自慢話だと思われたり、ひがまれたりして、居心地の悪い思いをした人もいるのではないでしょうか?

女性特有!? マウンティングがツラそう

  • 女性特有のマウンティングがありそう(医療・福祉・介護サービス/28歳)
  • 女性同士の見えない張り合いが起こって、自分は関係なくても、いつのまにか巻き込まれることが多いから(教育/33歳)
  • 役職や社内規則とは別に、女性の中での序列やルールがありそう(不動産/37歳)

マウンティングとは、他人と比較して「自分が少しでも優位に立ちたい」と張り合うことを指します。特に女性同士でよく見られるイメージがあり、女性が多い職場でも起こりやすいと思われているようです。

見た目も大事? 女性同士の厳しい目が光りそう

  • 適当な服装だと、何か言われそうだから(電気・電子関連/27歳)
  • ファッションや美容に気を使いすぎて疲れそう(その他/32歳)

私服のセンスをいちいち先輩からチェックされる、メイクが派手だと目を付けられそうなど、女性ならではの視線が気になるようです。

職場以外での付き合いも無視できなさそう

  • 女性同士だとプライベートでも会う機会が多くなりがち(医療関連/28歳)
  • 仲良くないのに「女子会」があったりして面倒くさい(建設・土木/35歳)

仕事が終わって「ようやく職場から解放された!」と思っても、女子会に誘われ、気が進まなくても参加しなければならない…… など、職場以外でも女性同士の人間関係はかなり複雑なイメージを持たれています。

【実態】約65%が経験あり! 職場の女性との人間関係で困ったこと

先のアンケートで挙がったイメージは本当なのでしょうか? そこで、女性同士の人間関係で困ったことについても調査してみました。

まずは、「職場の女性との人間関係で困ったことがありますか?」と聞いてみると、半数以上の人が、「困ったことがある」と回答しています。

グラフ:職場の女性との人間関係で困ったことがある人は64.5%に上る

では、女性が多い職場ならではの人間関係の難しさについて、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。「はい」と答えた人のリアルな体験談を、詳しく見ていきましょう。

【リアル体験談】女性が多い職場でありがちな悩み・トラブル

職場は仕事をする場所なので、「人間関係なんて気にしない」と言いたいところ。しかし、実際の声を見てみると、女性が多い職場ならではの人間関係の悩みは多岐にわたります。

うわさ話や悪口が多くて、疲れた

  • うわさ話や悪口を聞くことが多い(公益・特殊・独立行政法人/30歳)
  • 悪口をすぐに社内メールで送ってくる人がいて、返答に困った(建設・土木/35歳)
  • グチに付き合わないと、仲間外れにされた(ソフトウェア・情報処理/26歳)
  • うわさ話が好きで、ある事ない事を言われた(サービス関連/30歳)
  • 社内のゴシップネタで盛り上がりすぎ(ファッション・服飾関連/25歳)

空気を読むのが大変! グループ・派閥問題

  • 先輩同士の仲が悪くて板挟みになった(銀行/26歳)
  • 新人組と、ベテラン勢とのグループで対立していた(その他/39歳)
  • 女性グループの派閥があり、どちらにも良い顔をしていた。正直疲れる(海運・鉄道・空輸・陸運/32歳)
  • えこひいきや仲間外れがあった。女子校か! (繊維・アパレル/23歳)
  • ほかの人のことをやたら気にする人が多かった(電気・電子関連/38歳)

お局さま!? 気を使う女性の先輩社員がいた

  • お局社員がいて、常に気を使わないといけなかった(その他/28歳)
  • 男性社員の前ではニコニコ、私の前では般若(はんにゃ)のような形相になる女性の先輩がいた(官公庁/31歳)
  • 仕事中、毎日1時間はおしゃべりに付き合わされた(その他/32歳)
  • 遠回しな自慢話を褒めてあげないと不機嫌になる先輩がいて困った。というか疲れた(サービス/35歳)
  • 小言が多い、小姑みたいな女性社員がいた(不動産/34歳)
  • 社長の嫁が権力を使って、気に食わない人を辞めさせていた(専門商社/36歳)
  • 定時後から忙しいふりをして、残業をし始め、若手社員が帰りにくい雰囲気を作るお局がいた(食品/28歳)
  • “大奥”の世界だった(生命保険・損害保険/25歳)

誰が決めたの? 女性同士の独自ルールにイライラ

  • 本当は社員食堂でも良かったのに、「女性は別室でお弁当」ルールがあった(その他/35歳)
  • 休憩時間にトイレ、廊下などで立ち話をしないと社会性がないと思われ、白い目で見られた(医療・福祉・介護サービス/28歳)
  • 女性の多くは全然仕事をせず、恋人を探しに会社に来ていた(自動車関連/26歳)
  • 男性社員との飲み会はこっそり約束し、ほかの女性社員には知られないようにしなければならなかった(旅行・観光/27歳)

女性ならでは? 服装・持ち物チェックにピリピリ

  • 毎日ファッションチェックがあった(通信関連/34歳)
  • 持ち物で張り合ってくる(百貨店/24歳)
  • 容姿に対してのチェックが厳しい(食品/27歳)
  • 何かと服装に文句をつけているが、直接言わずに陰で言う人がいた(物流・倉庫/39歳)

正直、プライベートは放っておいてほしい……

  • 女性だからとは限らないが、付き合いが多い(その他/35歳)
  • プライベートの付き合いも強要されて、面倒くさかった(人材派遣・人材紹介/28歳)
  • 入社初日は質問攻めで、彼氏の有無などプライベートも突っ込んで聞かれた(その他/35歳)

アンケートでは、うわさ話や悪口が多いこと、女性同士でグループや派閥があって空気を読むのが大変、特定の女性に気を使うのが疲れるなどの人間関係の悩みが多く挙がっていました。

また、職場の女性で作られた独自のルールがある、服装や持ち物にも気を使う、といった意見もありました。更に、プライベートにも踏み込まれて疲れてしまうという声も。

最初のアンケートで挙がっていた「イメージ」とも近く、やはり女性が多い職場ならではの悩みやトラブルはあるようです。

しかし、すべてのトラブルを避けるために人間関係を無視することはできません。ある程度はコミュニケーションとして割り切って付き合うなど、上手に立ち回っている人が多いのも確かではないでしょうか。

それでは、もし女性が多い職場で働くことになったらどのようなことに気を付けるべきか、ケース別に見ていきましょう。

女性の先輩や後輩と上手に付き合う方法は?

女性の先輩と接する時は?

男女関係なく言えることですが、職場で先輩と接する時は、謙虚な態度でいることがポイントです。仕事で注意や指摘をされたことに関しては、素直に受け入れること。そのうえで「ご指摘ありがとうございます」などと一言添えられると、先輩も悪い気はしないはずです。

更に、仕事に熱心に取り組む姿を見せれば、先輩のほうから気に掛けてくれたり、助けてくれるようになるかもしれません。

女性の後輩と接する時は?

後輩と接する時も、ほかの人と態度を変えず、同じスタンスで接することが大切です。「年下だから」と偉そうな態度を取ることはもちろん避けるべきですが、逆に気を使いすぎるのも良くありません。相手も気を使ってしまい、互いに「接しづらい相手」になってしまいます。

また、仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切って付き合うのが良いでしょう。
職場ではきちんと指導する側、される側と、立場を分けているほうが、お互いに程よい距離感を保てます。

マウンティングする女性への対処法は?

マウンティングをする女性は、他人と自分を比較して、「自分のほうが上だ」とヒエラルキーを確認して安心したいのです。マウンティングされたほうは、あまり良い思いをしませんが、意地になって対抗するのは逆効果。エスカレートしてしまう可能性があります。

会話の中でマウンティングをされたと思ったら、「そうなんですね!」と笑顔で返して、必要以上に踏み込まず、聞き流してしまいましょう。会話が広がらないため、自然とマウンティングも終わるはずです。

ただし、いろいろと話し掛けてくる相手は、必ずしもマウンティングしようとしているとは限りません。単にあなたに興味があったり、打ち解けようと質問をしてくれているのかもしれませんので、身構え過ぎにも注意が必要です。

女性が多い職場で、人間関係に悩まずに済む5つのポイント

転職や異動をきっかけに女性が多い職場で働くことになったけれど、「人間関係に悩みたくない」と思ったら、以下を試してみてはどうでしょうか?

【1】 うわさ話や悪口には乗らない
うわさ話や悪口には加わらないことが大切。一緒になって話すのはもちろん、うなずいてしまうのも良くありません。ほかの人から見れば悪口を言っているのと同じだからです。もし、意見を求められても「分からない」などと言って濁し、その場を離れてしまいましょう。

【2】 グループや派閥には、あえて属さない
どこにも属さないことで、悪口やうわさ話を聞く必要もなく、マイペースを維持することができます。すでに職場の女性グループに属している場合は難しいかもしれませんが、これから新しい職場で働くなら、最初から「集団行動をしないタイプ」と印象付けてしまうのも一つの方法です。

「ランチに誘われて断りづらい……」といったことがあれば、「急ぎの仕事があって」と仕事を理由に断ったり、「昨日遅くまで起きていて、眠いので昼寝します」「銀行に行く用事があって」「デスクで食べるのが習慣になっていて」など理由を付けて、うまくかわしましょう。

【3】 職場ルールや慣習を把握したうえで行動を
すべてルールどおりに行動する必要はありませんが、ルールを知っておくことで「この発言は控えたほうがいいな」など、必要以上のトラブルを避けることができます。最初は控えめに行動し、周りをよく観察することから始めましょう。

【4】 仕事とプライベート、割り切る姿勢を貫く
これから新しい職場に馴染もうとしている場合は、最初から仕事とプライベートを割り切る姿勢を見せておきましょう。すると職場の女性からのお誘いも少なくなるはずです。ただし、断る時の対応は丁寧に。失礼な対応は社会人として避けましょう。

【5】 信頼できる同僚や先輩にグチる、社外の人に相談する
もし、女性が多い職場で悩みやトラブルがあったら、一人で抱えず誰かに相談しましょう。たとえ解決に至らなくても、他人に話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になるものです。

ただし、いつも文句ばかり話していると、あなた自身が嫌な人と思われてしまうので注意が必要です。ガス抜きだと思って、話をした後はサッパリと忘れることが肝心です。
>上手にストレス発散! 「グチの言い方」にもコツがある

職場の女性と上手に付き合おう!

アンケートの結果から、女性が多い職場ならではの人間関係の難しさが見えてきました。しかし、コミュニケーションのポイントを知っていれば上手に乗り切れることもあります。

もし女性が多い職場であることに抵抗があり、転職や異動をためらっているなら、もう一度「転職や異動の目的」について考えてみましょう。その職場であなたがやりたい仕事や、目指しているキャリアがかなうのであれば、チャンスを棒に振ってしまう可能性もあるからです。

また、女性が多いことを気にしすぎる必要もありません。どんな職場でも始めは人間関係に不安を感じるものです。今回は働きづらい面について取り上げましたが、女性が多い職場ならではのメリットもあります。以下の記事も併せて参考にしてください。
>女性比率が高いと○○ができる風土がある!? 女性が働きやすい会社の探し方

身構えすぎず、上手に職場の人間関係を築いてくださいね!

(※)調査方法/20~39歳の女性を対象にインターネット調査
実施期間/2017年7月27日~8月4日、回答数351

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド