マイナビ転職女性のおしごと

編集部がおすすめする、求人情報や転職に役立つ情報が満載!
働く女性をしっかりサポート!

女性の“働く”を考える キャリナレ

Career Knowledge

女性の転職面接、髪型・髪色・ネイルはどこまでOK? スーツ・服装の選び方は? 

転職活動の面接では、髪型・髪色・ネイルからスーツの選び方まで気になってしまうもの。面接官にマイナス印象を与えてしまうのでは・・・・・・ と不安に思う人も多いのではないでしょうか? そこで、女性の面接の服装や髪型で気を付けるべきポイントを女性キャリアカウンセラーに伺いました!

<INDEX>

面接日に髪型をセットする女性

Q1. 面接時の髪型・髪色は? 黒染めしたほうがいい?

少しでも華やかな印象に見せるため髪色を明るくしています。面接に臨む際にはやはり黒く染め直したほうがいいのでしょうか? 急に髪型や髪色を変えると転職活動していることが現在の職場にバレてしまいそうで不安なのですが・・・・・・

A1. やりすぎはNGだが、身だしなみという観点で非常識な髪型でなければOK

重要なのはその業界のビジネスシーンに合っているかどうか、身だしなみ(清潔感、常識的、機能的など)という観点から非常識な髪型ではないかという点です。

もちろんやりすぎはNGですが、不自然ではなくその人の雰囲気に合っていれば多少は明るい髪色のほうが好印象な場合もあります。ただ、その場合でも髪の毛をピシっとまとめた髪型にするなど「知的な雰囲気」を演出しましょう。判断は難しいところですが、どんな世代の面接官にも受け入れてもらえるような、けばけばしい印象にならない程度のラインをしっかり守ることが大切です。



また、顔周りの髪型で印象は大きく変わります。前髪が目にかかるような長さだと表情が隠れてしまい、暗い印象を与えてしまうかもしれません。また、サイドの髪が顔にかかる髪型で、うなずいたりお辞儀をするたびに直していると快く思わない面接官もいます。自身が面接に集中するためにも、顔周りの髪は特にすっきりまとめておくとベターです。

髪の長さ自体はロングでもショートでも問題ありませんが、肩より長い髪型の場合はハーフアップや1つ結びにするなど、束ねておくと良いでしょう。短い髪の毛はピンやワックスを使い、ほつれて落ちてこないようにスタイリングしておくことをおすすめします。

髪型などの身だしなみは、家を出る時にどんなにきちんとセットしていても、強風や人混みなどにより面接までの間に乱れてしまうことも考えられます。面接直前に最終チェックできるだけの余裕をもって会場に到着する、ヘアブラシやピンなど、出先でも髪型を直せるグッズを持ち歩くなどすると安心でしょう。

Q2. 面接時の「ネイルアート」はマイナス印象になりますか?

近日、面接を受けるのですが、ネイルアートをしたばかりなので落としたくありません。受けるのはアパレル系の販売職で、実際の現場では店員さんはネイルをしているので問題ないとは思うのですが・・・・・・

A2. 先輩社員がしているからOKという考え方は危険! 派手なネイルは避けよう

業界や会社にもよるため一概には言えませんが、「応募先の店員や先輩社員がネイルをしているからOK」という考え方は危険です。面接で求められるのはあくまで「身だしなみ」ですから、少なくともアート系の派手なネイルはどんな職種であれ、避けたほうがいいでしょう。

身だしなみは「相手に失礼にならないため」にあるもので、「誰から見ても受け入れられるものであること」という考え方が根底にあります。ネイルは客観性では判断しづらいのですが、面接の場では「控えめ」を心掛けてください。

Q3. 面接時の服装について指定がない場合、女性もスーツが良い?

面接を1週間後に控えていますが、先方からは服装について特に指定がありません。新卒ではないので、あまりかっちりし過ぎたリクルートスーツを着るのも不格好かなと思うのですが、どんな服装で臨むのがいいでしょうか?

A3. スーツが一般的。上下が揃っていて落ち着いた色のものを選ぼう

服装について特に指定がない場合でも、常識から考えればスーツが一般的です。確かに新卒ではないので必ずしも黒やグレーでなくても構いませんが、上下が揃っていること、落ちついた色であることは必須。常識的で清潔感を感じさせる服装を心掛けましょう。



新卒っぽさをなくしたいのであれば、シャツを柔らかい素材のものに変えたり、インナーをカットソーに変えたりすると、印象が変わります。また、スカートにするかパンツにするか悩む人もいると思いますが、基本的にどちらでも問題ありません。スカートを選ぶ時は立った状態だけでなく、座った時のスカート丈にも注意して選ぶと良いでしょう。

>仕事の合間に面接。服装での「転職活動バレ」を避ける裏技は?

「私服でお越しください」「服装自由」の面接には何を着ていく?

日ごろから社員が私服やオフィスカジュアルなどラフな格好で勤務している企業では、面接時も「私服でお越しください」「服装自由」と言われることもあるようです。そのような場合は上下揃いのスーツでなくてもジャケットを着るなど、清潔感があり、ビジネスマナーから外れていない格好を選ぶと良いでしょう。「初めて会う取引先に失礼ではない格好」と考えてみてもいいかもしれません。

>「服装自由」の場合スーツで行くのはNG? 企業の意図は?

靴を選ぶ時の注意点は?

プレーンなパンプスを選びましょう。ピンヒールやウェッジソール、サンダルやブーツは面接の場にはふさわしくありません。また、汚れや傷が目立つものを履いていると「清潔感がない」という印象を与えかねませんので、事前に確認しておきましょう。

服装と一緒にバッグもチェックされている?

意外と見落としがちなのがバッグです。応募書類を持参したり、応募企業から資料をもらうこともあるので、A4サイズの書類が入ることがマスト。リュックや斜めがけのバッグはもちろんNG。あまりに高価なブランドものや、派手なデザインのものは「自己主張が強すぎる」と思われてしまうので避けたほうが無難かもしれません。また、面接中はバッグは椅子の横の床面(足元)に置くのが一般的なマナーなので、置いた際に自立するものだと便利です。


いかがでしたか? 面接の服装や髪型はあくまで「身だしなみ」「どんな面接官にも受け入れてもらえるかどうか」という観点で選んだほうが良さそうです。以下も参考にして、面接を乗り切ってくださいね。



質問への回答者

石川端真(いしかわなおみ)
新潟テレビ21、NHK高知放送局でアナウンサーとして活躍後、フリーアナウンサーを経て、現在はコミュニケーション系の研修を中心に、若年層から管理者層まで幅広い年齢層を対象とする研修に年間200日以上登壇。同時に、キャリアカウンセラーとして公共職業訓練生や学生のキャリア指導も務める。

賛成! あたらしい生き方。マイナビ転職

豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時 約8,000件以上の全国各地の豊富な求人情報をご紹介する転職・求人サイトです。毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。職務経歴書や転職希望条件を匿名で登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトされるサービスや、転職活動に役立つ職務経歴書サンプルや転職Q&A、会員登録をすると専門アドバイザーによる履歴書の添削、面接攻略など充実した転職支援サービスを利用できる転職サイトです。

「知っトク」メール

基本のノウハウだけでなく、市場動向も踏まえた「今、知っておきたい」転職情報を読めるメールマガジンです。毎週月曜日配信です。

新着求人メール

新着求人の中から、あなたの希望条件に合った求人やお勧め情報をお届けします。
毎週2回、更新日(火曜日・金曜日)に配信です。

キーワードから記事を探す

検索フォーム

人気コンテンツランキング
転職成功ガイド